音楽と観劇と旅行と新粋連が大好きなにっちゃんのブログです。人生凹むコトも多々あるけど、とにかく楽しいコト、やりたいコト・・いっぱいやりたいね


by nicchann
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
いよいよ公演間近になってきました!
驚くことに、昼公演は完売したんだとか!
というワケで張りきって告知させていただきます☆

 ※※※ ※※※ ※※※ ※※※ 

SAC10周年記念公演『明日へのエナジーⅡ』

日時 8月14日(日)
   14時~(完売御礼!) / 18時~

場所 シアタートラム(三軒茶屋より徒歩2分)

演目 第1部 パフォーマンス『明日へのエナジーⅡ』
   第2部 ミュージカル『スーホの白い馬』
   (休憩含めて1時間15分程度の公演となります)

入場 1000円(全席自由) ※小学生以下は無料

   →チケットの申し込みは「シアタートラム」専用サイトより
http://setagaya-pt.jp/theater_info/2011/08/post_247.html


 ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

舞台が大好き! ミュージカルが大好き!
卒業してからもステージに立ちたい!

特別支援学校(知的障害)のミュージカル部卒業生たちの熱い想いと、スタッフの舞台への熱い情熱から、2002年にSACは誕生しました!

今年は永福学園ミュージカル部(第1~2期生)がメンバーに加わったり、さらにスタイリッシュなダンサーチームとのコラボが実現して、お互いに刺激を受けながら、新しい風が吹いています!

今年はあのシアタートラムでの公演がふたたび実現!
5周年記念公演での成功を受けて、トラムスタッフの方も「是非またやりましょう!」と熱く誘っていただき、今回の公演に向けても温かく、熱くサポートしてくださっています。

社会に出て働きながら、限られた期間での稽古。
歌やダンスともに、拙いかったり荒削りだったりするところもありますが、彼らのもつ出し惜しみのない表現力、身体から放たれるまばゆいばかりの情熱の輝きは、客席にいるアナタの心にもダイレクトに伝わり、驚くほどの感動が伝わることと思います。

公演に向けてラストスパート1週間!
熱く頑張っています!

是非劇場に来て、そんな彼らのステージを見届けてください☆
キャスト&スタッフ一同、心よりお待ちしています!

 ※※※ ※※※ ※※※ ※※※

脚本、演出、ダンス振付のakeちゃんとは、今年で14年にわたるミュージカルコンビ。年齢不詳の驚異のパワーで、ダンスを中心にレッスンに通ったり、年間観劇数もものすごいです!舞台演出でもセンスが光ります☆
私は歌唱指導と一部の楽曲制作担当。今回は演目&構成の関係で、完全なるオリジナル楽曲はパフォーマンスの1曲のみですが、オケ制作やミュージカルナンバーのアレンジ・オケなど、ところどころで楽曲提供しています♪

当日は客席後方の音響ブースに鎮座してますので(笑)、声をかけてくださいね☆(←たぶん緊張していると思いますが・・汗)


トラム公演はおそらく5年に一度くらい。
この機会に是非SACの公演におこしくださいねっ  
[PR]
# by nicchann | 2011-08-05 15:04 | SAC

2011年の挑戦☆

またまた約1年ちょっとも、こちらを放置して、草ぼーぼーっすね。
誰もいね~ ・・・・みたいな(^^;

ついつい楽にupできるmixiとかがメインになっちゃうんだけど
こちらもマイペースにupしていきますね~☆

さて!メッセージにも書いたと~り、ど~やら2011年は「新しいはじまり」のようでぃす。職場も4月から異動になって、なんと通勤1時間半!(がぃ~ん!) 新天地は寅さんで有名な柴又がワリと近くのエリア。仕事も今までとペースが違ってなんだか早い、早いっ(汗)
そんなワケで毎日が怒涛のようだけど、帰り道にただよう、下町ならではののれんの数々!おいしそうな「もつ焼き屋」からの香りが私をいざなう~っ(笑) 地元ならではのお店で同僚と一杯やる日も、そう遠くはなかろう・・・(にやっ)

舞台カンケーは・・宇天那で出会った歌姫「めぐち」と、「まりも企画」なる新ユニットを5月に発足☆旗揚げ公演(?)は来年秋予定!ふたりがとっても好きな原作本がありまして、それをミュージカルにできたらいいねってただいま、水面下でじっくり楽しくミーティング中!(笑)
なんせ「まりも」ですから、ゆっくりじっくりと成長していく感じだけど
どうぞお楽しみに!

そして!
自分すら思ってもいなかった「2011年の大展開」は・・ブログでも熱く紹介させていただいてた「新粋連」に・・・なんといろいろなご縁があって・・入連することに!

「そんなに好きなら入っちゃえばぁ?」だとか「そのうち入るんじゃ・・」なんて声は周囲からはときどき囁かれたり、訊かれたりしてたんだけど、私にはその選択肢はまったくといっていいほど、なかったんだよね。

すっごく魅力のある連だから「入りたくない」ワケじゃないんだけど、すごい連だからこそ、安易な気持ちで足を踏み入れちゃいけないと思っていたし、自分としては、いろんな意味での「ファン」として、連の歴史を見守りたい気がしてたから…。

それが「入連」を決意したワケだから、それなりのキッカケだったり、モチベーションもあったんだけど、大好きな新粋連だからこそ、自分にできること、精一杯頑張っていこうって思ってる。奥の深い世界だから、簡単じゃないけどさ・・とにかく思いきり・・・ねっ。

今はドキドキの方が大きいけど、夏にいつもオッカケしてた神楽坂や中目黒、高円寺、そして新粋連の地元大塚を一緒に鳴り物隊として練りあるくんだぁ・・と思うと、なんだかものすごくワクワクする。


そんな2011年の前半戦。
とにかくパワフルに私らしく、笑顔で!
今年も素敵にいろどっていきますよ~っ☆
[PR]
# by nicchann | 2011-06-18 23:04 | 新粋連
大塚からバスで出発したバスの旅・・・。
ブログでアップしながら夜通し走りぬけた高速、深夜の空気や香りを思い出した昨日・・。今回はいよいよステージ編!

f0056412_11555354.jpg夜行バスの旅もなんのその!「あわぎんホール」に到着してバスから荷物を下ろすと、早速本番のステージに向け、気持ちが切り替わる新粋連!会館が開くと、実際のステージの下見をして舞台の広さを確認したり、楽屋に荷物を運びこんで着替え開始!ファン&仮スタッフ(?)としては何をしてればいいかなぁ~とまごまごしつつ、連員の家族の方と一緒に元気に走り回るお子たちの遊び場(発散の場とも言う?)を探して、しばし遊具で遊ぶ子どもたちを見守っていました♪そんなこんなをしながらも、『はな・はる2010』の開幕が気になって、時間を何度も何度も確認・・。

f0056412_1142194.jpg「舞台観てきても大丈夫よ♪」と言われたので開幕してからはホールへGo!本場有名連の演舞を客席で堪能!しばらくしてホールを出ると・・ホールの外で新粋連のみんなが結集!男踊り、女踊り、鳴り物の3つのパートに分かれて、ホールの広さを踏まえての動きの確認、細かい最終打ち合わせみたいのがされてました。

f0056412_12203227.jpgひとりひとりの動きがきれいでも、“まとまり”でしっかりと魅せることも大切!プロ意識をしっかりともっている新粋連、鳴り物の音の細かい噛み合い方とか、踊りでは手の高さ、足のあげ方、指の角度なんかも最終チェック!電話ボックスのガラスを姿見にしたりもしてました。言ってみればこれはメチャ舞台裏、バックステージ・・。しかも本場徳島での初舞台なワケで、ファンとして貴重な場に居合わせている自分の奇跡に感動していました。

f0056412_1244662.jpg嬉しかったのは女踊りの方からね、「にっちゃんさん、もう客席にいっちゃいます?前の方に座ってくださいね。そしたらにっちゃんさんの笑顔観ながら安心して踊れると思うんです」なんて言っていただけたコト。少しでも私の存在が新粋連さんの力になれるのであれば、こんなに嬉しいことはないよね。そんなことを言ってもらえて、気持ち的にはかぶりつきの席に座りたかったけど、それだと写真が撮れない!でも精一杯エールを送ることを約束しました♪

f0056412_12355451.jpg舞台袖に移動する新粋連さんにエールを送りつつ、私も良席を抑えるために客席へ!ちょうどステージの演目は1時間ほどの休憩中だったんで座席も選びたい放題!(笑)全体像の撮影が可能な最前列を探して陣取りました♪もちろんセンターブロックのどまん中席。「阿波踊りコンテスト」がはじまる時間が近づくにつれ、私まで舞台袖にいる気持ちに・・。(それなりに舞台経験があるからなおさら・・ね 汗) 「新粋連なら大丈夫!」と思いつつ、「守りにはいらず、攻めてねっ」なんて祈るような想いでしたわ。いよいよ本ベル!

f0056412_1353547.jpg写真は徳島参上!の瞬間!
新粋連はコンテストのエントリーナンバー2番!しかもここ数年ずっと総合第1位をとっている大学連に続いての演舞でした。あわぎんホールに新粋のぞめきの「よしこの」が鳴り響き、なんだか感慨深い気持ちに。
f0056412_1334473.jpg初出演での緊張もきっとあったとは思うんだけど、客席にはそれを感じさせない堂々とした登場!落ち着きつつも勢いのある、いつもの新粋の魅力あふれる舞台でした!「よしこの」に続いて、低くて深~~い「ッドンッガドン!」の大太鼓(おおど)の音色・・。
f0056412_13214331.jpgそれに合わせて女踊りがゆっくりゆらめくように前進!大好きな構成の通称「マイコ2」。ザンネンながら今回は照明効果は使えないんだけど、サスとか使うと、もうすっごく幻想的で美しいの!(もちろん照明なしでも音と舞いでしっかり魅せてくれるけどねっ☆)
f0056412_13391130.jpgそんな女踊りの美しいフォーメーションの後方から3人の男踊りが現れて、3・3に・・。三味線と篠笛がかけあいのように唄う「阿波小唄」。男踊りと女踊りもそれに合わせてかけ合いで舞うの!私のかなりツボなメロディーで、一度聴くと耳から離れない(笑)
f0056412_13461350.jpgとくに新粋の山さんの篠笛は最高に酔わせてくれるのね。ここ数年で篠笛にハマったとは思えないほどのセンスと表現力。お囃子の音色だけでもずっと聴いてて飽きないほど。いつか和のミュージカルをやるときには生演奏で吹いてもらいたいなぁと思うほど!

f0056412_13561299.jpg男踊りの暴れ踊りに続いて、いよいよ終盤!お囃子のテンポが切り替わると、ファンとしては「キタキターーー!!!!」と興奮!通称「新粋スリー」(いや、3か?笑)の新バージョン。女踊りの手が切り替わりと同時に天高く差し、男踊りがまわり、女踊りが攻めてきて・・。

f0056412_143454.jpgこれはきっと徳島の地元の阿波踊りファンも「おぉっ!」と血が騒いだんじゃないかな?きっと♪私はこのあたりからなんだか涙がジワっと出てきた。たぶんそんな会場の空気を感じたのと、そんな空気にさせた新粋連の徳島初舞台に感極まったんじゃないかと思う。

f0056412_14115538.jpgフィナーレからいつも歴史を感じさせる粋な踊りを見せてくれるおじいちゃんも登場!お囃子もさらにまくしたて(でも揃ってる!)、熱気がいっぱい伝わってきた。終わると(気分は)かぶりつきで大拍手!そしてまわりからも大きな拍手が湧きあがってね、嬉しいと同時にすっごく誇らしかったな♪

f0056412_14245713.jpg終演後・・さぁ!連長インタビューだ!・・と思ったら司会の方が連長を勘違い!「連長らしき方!連長らしき方!」と呼びとめられたのはおじいちゃん!まぁ、確かに風格はあるけど・・違うよ?(笑)でもそのままおじいちゃんがインタビューに答える流れに(^^;
でもおじいちゃんの阿波踊り歴に会場からもいっぱい拍手が!そして司会者には意味が伝わらなかったみたいなんだけど、おじいちゃんの「私は・・・阿波(徳島)の生まれです!」は、なんか「ここにあり!」みたいな勢いを感じる名言だったなぁ・・。粋でしたよ!おじいちゃんっ

f0056412_14365265.jpgそして・・コンテストの結果は・・とゆ~と、県外連の部門、堂々の第3位!客席から観てた立場としては、表現、まとまり、構成、完成度などなど、もっと上位に食い込んでもいいホドだったし、実際、表彰状を渡してくれた審査員の方も、「審査の最後まで優勝候補に絡んでました。すばらしかったです」ってコメントをもらすほどだったもん。初出場にしてものすごい快挙!次にめざしたい目標だって同時に生まれるワケで、新粋連の新たな章のはじまりには、挑戦意欲をかきたてられつつも輝く大きな賞だったんじゃないかと思う!新粋連のみなさん、おめでとう!そして・・連長!ヨカッタねっ!

新粋連発足から15年。
私が新粋に出会ったのはたしか4年目からだったけど、その中でもホントにいろんな歴史があった。そんな中で連員たちの結束が固まって、文字通り気持ちがひとつに・・。ホントに素敵な連だと思う。「新しく、しかも粋に!」の連名の通り、信じてきた新粋としてのスタイルの中にしっかりと阿波踊りの伝統を感じる踊り・・。1年1年の積み重ねが、それぞれの年に華開いてる。ううん・・1年1年の積み重ねがあるからこそ・・・ね。

「阿波踊りが生きがい」

そう心から言える仲間たちの集まった少数精鋭の連!
次は夏本番に向けて動き出す新粋連・・。
ますますの飛躍から目が離せないねっ

そして・・私も負けずに精一杯頑張ろう!

新粋連 最高!

f0056412_14582612.jpg

[PR]
# by nicchann | 2010-04-29 15:00 | 新粋連
なんと1年ぶりのブログ更新のようですわ(^^;
でもコッチにしっかりと書きとめておきたい“旅”があったんで
久しぶりにガッツリ書きあげよ~と思います♪

ブログでもときどき話題に載せてる「新粋連」
結成15年にして、いよいよ本場徳島デビューすることになってね、その遠征の旅に一緒に行ってきたの!

f0056412_0355728.jpg新粋連のホームグラウンド大塚に集合したのは、金曜日の夜21:30。そう!徳島までの超距離は、チャーターした大型バスでの旅!もちろんバス内泊・・ってことになるねっ(^^;
大好きな新粋連と一緒に旅するのは、嬉しいと同時にちょっとドキドキ。「ホントに便乗しちゃっていいのかなぁ~」とガラにもなく「借りてきたネコ」状態でしたわ。そうこうするうちに、バス到着!鳴り物の楽器やら、荷物やらを積みこんで、いよいよ出発ぁぁ~つ!(写真のバスは明け方のサービスエリア)

f0056412_0521757.jpgバスが出発するとね・・間もなくして・・宴会のはじまり??・・イヤイヤ、宴会っつ~か、寝酒かな?(笑) 消灯23時の予定が1時間延長!当然、私の元にも連長直々にノルマビールが手渡され(笑)グビっといただかせていただきやしたが(^^;
でも24時になるとスパっと消灯!なんせ徳島着いたら、スグ本番のステージなんだもん。そりゃぁ~しっかり寝とかないと・・。夜行バスは寝れないかなぁ~と思ってたケド、気づくとサービスエリアだったりしてたから、意外と寝てたみたい。いびきとかかいてないといいけど(汗)
そうそう・・私の後ろの席の男踊りクンに「(遠慮しないで)座席もっと倒していいからねっ」とときどき気をつかって声をかけてくれたのが、なんかホッコリでした(*^-^*)ありがとねっ

f0056412_1212623.jpg真夜中の高速を走っているうちは「ホントに朝までに徳島に着くのかなぁ?」なんてちょっと心配してたんだけど、気づけば空も明るくなって淡路まで到着!淡路島を通って、明石を抜けると徳島はもう目前!そして「明石」と言えば渦潮!渦潮サイドの席だったんで、眠気も忘れて思わず身を乗り出して激写!(ちょっと渦が微妙だけど・・雰囲気だけでも・・ねっ)

f0056412_1161797.jpgバスはいよいよ徳島市内へ!そして新粋連の徳島初ステージ・・「あわぎんホール」に到着!ファンとしても感慨ひとしおだけど、連員たちにとっては「どれだけ」の想いを感じていたことだろうね。出演するのは『はな・はる2010』の「阿波踊りコンテスト」。徳島遠征は2年前からの企画、そして『はな・はる』に向けての演舞の練習は4月に入ってから3週間、ほぼ毎日だったんだって。往路の寝不足も、身体の窮屈さも、きっと忘れてしまうほどの、緊張や意気込み、自分たちを信じる気持ちが、あふれてたんだろうな。


f0056412_1441572.jpg「出発編」はまず、こんなところから♪
少しずつアップしていきたいと思います!
私にとっても忘れられない旅だったから☆

さて本番徳島での初舞台は???


新粋連・・・最高!
[PR]
# by nicchann | 2010-04-29 01:48 | 新粋連

試練の年?

どもっす・・・。
毎度のコトながら、いったい何ヶ月ぶりの更新なんでしょね?(^^;
次回は「ハテの浜」編を・・と言いながら・・・・放置!
まぁ、この頃は仕事で、パフォーマンス「MOMOTARO!」ってな
20分のショーと作ってた頃だから、忙しかったんでしょうな・・。
もはやときが立ち過ぎてて覚えてまへん。

きれいな海の写真(←ハテの浜)もupしたいとこだけれど
それはまたいつかにして(←おいっ)。。最近の近況をば・・。

いやぁ・・今年度は・・ど~やらまた試練の年になりそですわ・・。
つ~か、新年度明けて2週間ですでにボロボロ・・・。
問題は仕事で一緒に組んでる人にあるんだけど・・・ね。

一緒に組む相手が3月に発表された時点で、何人もの同僚に
「大変だね・・」と言われてはいたんだけど、その時点ではまだ、なんとか
やってけるかなぁ~と思ってたのですが・・・。
相手に要求できない分、2~3倍動いて、神経はりめぐらせてがんばってるのに
こっちが指示を出すと、変にプライドをかざして「言われなくてもわかってるんだ」
的に逆ギレしたりするの・・。もう・・・大変。

すでに精神的にまいりはじめてきたんだけど、まわりの同僚にフォローして
いただきながら、なんとか1年間持ちこたえるだけのペースとバランスを画策中。

去年までは平和だったなぁ・・・。
元相棒は最初に組んだ年は新採クンだったんだけど、すごくセンスのある人だし
いろいろなトコで経験を積んできてる人だったから、私の方も逆に勉強になった
くらい。2年間一緒に組めたのが奇跡のような感じだったけど、その分、今年に
「厄」をかぶったのかなぁ・・・。
でも、「厄」を「躍」に変えていけるように、ふんばるのみ・・・。

それと・・・話は全然変わるんだけどね・・
私のミュージカル仲間が、4月からネットラジオの新番組をはじめたの!
その名も「コラボDEミュージカル!」
maco&rusaの2人のパーソナリティーが、楽しくトークしていまっす♪
でもって、この番組のテーマ曲、rusaちゃんからの依頼で、私が作曲しました♪
女の子2人でわいわいトークしてる感じの、ちょっぴりお茶目で弾んだ感じの曲。
短いけれど、番組の後ろでしっかり流れているんで、ぜひぜひ聴いてみてね。
毎週金曜日に配信されてまぁ~す♪(←もちろん過去のも聴けるよん!)

「コラボDEミュージカル!」
http://www.is-field.com/collabodemusical/

よろしく!
[PR]
# by nicchann | 2009-04-19 15:50 | そのホカ
f0056412_15213483.jpgときを少しだけ遡って・・
年末に1年の頑張り(?)をねぎらって、久米島に行ってきましたぁ!温泉での雪見酒もいいけど、やっぱりきれいな海を見てボ~っとオリオン・・がいいっしょ?(笑)
・・てなワケで、6:25羽田発っつ~超早い便(^^; 当然飛行機の中は大爆睡(^^;
ちなみに那覇→久米島は予想通り、スゴク小さな飛行機。久米島が見えてきたときには、なんだか「来たぞ~♪」ってワクワクしたねっ

f0056412_1556489.jpg久米島空港の外で「ウェルカム!」と歓迎していたのは・・この写真の選手(笑) 久米島は冬に楽天がキャンプをやっているトコなんで、地元あげての選手の歓迎かな? ちゃんと「楽天イーグルス」とか書いてありマシタ(笑)思わず激写!

ホテルのチェックインは14時。まだまだ全然時間が余ってるんで(←そりゃそ~だ!)運転免許のない私は“観光タクシー”と洒落こむことに!事前に調べてたんだけど、チャーター1時間の相場は3000円。せっかくなら色々島内まわってみたいし、早速乗り込んでみたヨ♪

f0056412_1672161.jpgタクシーの運転手さんに観光したい場所を伝えると、それを上手にアレンジしてくれて、次々とスポットを案内してくれたよ♪ こちらは『上江津家』。1750年頃に建てられたんだって(写真は確か米蔵の写真だったと思う。)
家の中は9畳。ばっちゃんが「どんなにエラくても10に満たしちゃいけないんだ。残り一畳は努力とまわりへの感謝ではじめて満たされるんだよ」みたいな話をしてくれたのが、すっごく印象的だったなぁ・・。

f0056412_16203379.jpg続いて「五枝の松」。樹齢250年の琉球松なんだって。普通は上に伸びるんだけど、巨大な盆栽みたいなカタチで横に横に大きく伸びてるの。枝っぷりもダイナミックにクネクネと力強く伸びてた。何も手を加えず、自然にこ~ゆ~カタチになったんだけど、一説によると、下の土壌が固くて、根も下に伸びることができず、枝も横に拡がったんじゃないか・・って話だった。すごいよね。

f0056412_1634182.jpgすごいといえば、この不思議スポット!通称「おばけ坂」!!
・・って言っても別に“心霊スポット”ってワケじゃないよ~(←だったら行かない!)
ホラ・・写真で見ても、普通に手前から奥にゆるやかな下り坂になってるでしょ?なんだけど、坂の途中でギアをニュートラルにすると、車が後ろに登っていくの!思わず車を降りてじっくり見てみたりもしたんだけど、なんとも不思議!目の錯覚とも言われるし、磁場が働いてるんじゃないかって説もあるんだって!面白いから久米島に着たら、話のネタに絶対行ってみてね(笑)

f0056412_16452338.jpgそして雄大なときを感じさせてくれた今回のお気に入りがココ・・具志川城跡。3方を海に囲まれる絶壁に立つ珍しい城なんだけど、ここから中国にしかない珍しい陶磁器とかの破片がたくさん出てきたんだって。石碑に残っている歌から推察すると、この城が当時の貿易の仲介場所みたいになってて、他国から運び
f0056412_16561679.jpgこまれた珍しい品々を大和の人たちが買っていったんだとか・・。そんな歴史ある城だったようなんだけど、首里軍に滅ぼされてしまったのだとか・・。絶壁にある具志川城・・首里軍も攻めあぐねてたようなんだけど、水路を断たれてしまって最期には滅ぼされてしまったのだとか。城壁跡の中に一歩足を踏み
f0056412_1742127.jpg入れてもただガランとして、何もない草っぱらなんだけど、そこにひっそりと立つ木々だったり、城壁の名残だったり、倒木だったりがなんとも言えず寂しげで、貿易船が次々とやってきて賑わっていた当時、戦いの中で迎えた城の最期の日・・そして今・・となんだか色々と心に浮かんで、雄大で、それでいて、寂しいような・・そんな場所だったなぁ。

f0056412_1712833.jpgそんな少し重くて寂しい話の後は、小高いとこからの島の眺望をどうぞ!沖縄で一番高いトコにある城「宇江城城跡」からの景色で~す。この日はホントに天気が良くってね、本島は見えなかったけど、ハテの浜はもちろん、慶良間諸島の島々までよく見渡せたよ。島の田園風景も・・なんだかいいよねぇ・・。

f0056412_17203998.jpgちなみにね・・そんな島々から昇る太陽を見て、昔の島の人たちは1年の流れを読んでいたんだって。それを読んだのがカタチになって残っているのが、この「てぃーだ石」(=てぃーだは「太陽」っていう意味)。石には印がついててね、〇〇島から陽が昇るときは一年で一番昼が長いとき(夏至)、〇〇島から昇るときは冬至・・みたいに1年の流れをたぶん感覚的に計ってて、どの時期に種まきをすればいいかとか、逆に台風がきやすいから気をつける・・とかしてたんだとか。
なんか自然に根ざしてる生活で、今の方がカレンダーとかあって便利なんだろうけど、当時の人たちにはなんだか頭が下がるなぁ・・。すごい。

f0056412_17321953.jpgそうそう、久米島には幻のキクザトサワヘビも生息してるんだとか。水がきれいなすごい高い山にしか生息しないと言われてるんで、これも一説によると、元々すごく高い山が繰り返される島の地殻変動で低い山になったのだとかないとか・・。島にもさ、海底火山が噴火した後の岩石だとか、その歴史が至るところに残ってるから、長い時間の中で見ていくと、まったくない話ではないのかもね。

f0056412_1730447.jpg沖縄の離島のうちの1つだけど、その中にも歴史や時の流れがいっぱいつまってる。不思議もいっぱいの久米島・・。たった数時間の島内観光だったけど、すごく楽しかった!写真もいっぱい撮ったし♪案内してくれた運転手さん、ありがとう!

次回は「ハテの浜編」できれいな海を紹介しますね~♪
[PR]
# by nicchann | 2009-01-04 17:57 | 旅ゆけば・・

祝!2009年 開幕っ

約2ケ月ぶりの更新っ(^^;
今年はコチラのページを充実させていくだけの余裕がると良いケド・・
さてさて、ど~なるコトやら・・・。
ともあれ、今年もどうぞよろしくお願い致しますっ(^^)/

2008年を振り返って・・・

f0056412_1813410.jpgやっぱ去年は宇天那にはじまり、宇天那に終わったかな。もともと“出会い運”はメチャメチャいいのだけれど・・ここにきてまたこんな大きな出会いがあるとは・・ね。SACとか仕事関係で、ミュージカルを作ったり、その中のナンバーを作ったり歌唱指導をしたり・・・。そ~ゆ~機会には恵まれていたんだけど、その中で漠然と思っていた夢の1つが「ミュージカルに出たい」ってゆ~思い。


f0056412_17554615.jpg「私も演じる側に立ってみたいなぁ。ミュージカルの世界を生きて、舞台で歌ったり、踊ったりしてみたいっ」

そんな“夢”が宇天那カンパニーとの偶然の出会いから叶った。
しかも大好きな『夢から醒めた夢』。
もちろん、幕を開けるまでには、簡単じゃなかったしホントに色んなことがあったけど、だからこそ、舞台で生きた“奇跡”のような時間・・そしてお客さんからいただた温かい拍手はホントに忘れられない思い出・・。

12月にはこのカンパニーの仲間と、クリスマスライブもやったんだけど
このときは企画、演出、編曲、歌唱指導、ピアノ伴奏とフル稼働・・(^^;
仕事も大変だった中、かなりハードだったけど、自分が全力で取り組むことで
カンパニーのみんなに“伝えたかった”こともあって、それが叶ったことが
嬉しかった。

次回作につながる1つの成功・・・そしていっぱいの課題。
これから少しずつ成長していくカンパニーだからこそ、そんな小さな手ごたえが
すっごく嬉しかったんだぁ・・・。


そして・・・迎えた新しい年・・・2009年!
実は元旦早々、ヒドイ頭痛にやられて、ほとんど寝込んでいたんだけど・・
今は頭もスッカリ快晴っす(^^)v
色々燃えてることはあっても、健康あってのモノダネ。
そんなことを私を見守る誰かが、伝えてくれたの・・かもねっ♪

そんな今年のテーマは・・・

 『感性をそそぎこむ』

公演はまだまだ先なんだけど、今年、宇天那カンパニーでは、初めて
オリジナルミュージカルに挑戦するのっ
原作はとってもいい作品を選んでてモチベーションもup。
ただね、それをミュージカルにするとなると・・たぶん並大抵ではないっす。
キャストとしてだけでなくね、スタッフとしても、みんなの感性と努力が不可欠!
その製作に・・出る側としても、作る側としても・・全力を注ぎたいっ

そして、今年は、もう1つの大きな夢が叶うんだ!
このオリジナルミュージカルで、全曲作曲させていただけることになったの!
今までもSACとかで大半を作ったことはあるけど、全曲ははじめて・・。

そんなワケで今年のテーマは“感性”・・・。
作品とむきあって、台本とむきあって、そして作品の世界や登場人物たちの
気持ちと向き合って、作品を“音”で彩っていきたいな。彩やかにっ!
今年の・・・ホントにホントに大きな目標でっす。

たぶん、それだけで今年はお腹いっぱいになりそうだけど・・(^^;
もう1つ挑戦してみたいのが、生ピアノを弾いてLIVEをやってみたい・・。
もちろん私ひとりじゃなくて・・ミュージカルでもなくって・・。
アコースティック編成で、JAZZとか、洋楽のカバーとか、オリジナルとか
純粋に“音”で楽しんでもらうことができるような、LIVEをやってみたいなぁ。

これは・・来年に持ち越しになるかもしれないけど・・
2009年も・・やっぱり“音楽”にはじまり、“音楽”に終わりそうっ(^^;
そしてそんな私のまわりの・・たくさんの仲間たちと・・・ね♪

今年もスマイル&パワフルで・・
にっちゃんらしく・・
いきやすよぉ~(^^)/

f0056412_1894040.jpg

[PR]
# by nicchann | 2009-01-03 15:04 | みなさんへ♪

“夢”醒めず(*^^*)

f0056412_234046100.jpg

f0056412_23404615.jpg

f0056412_23404645.jpg

怒濤のよ~に濃厚だった宇天那DAYS…。
その集大成が4日に開幕して、昨日幕をおろしました。

ここまでくるまでにホントに色んなコトがありまっ(f^^;
技術的な面から、人間関係、裏方作業から運営面などなど…
ホントに幕を開けられるのだろーかと思ったコトもいっぱい…

でもね。
舞台が始まる直前に、そして舞台上でカンパニーのみんなが1つになってた
同じモノを見てたカンジがした。

ダンスも歌も…基礎ができてるワケじゃないから粗削りだけど
みんなの空気が物語を通じて客席まで届いてた。
その空気の中にいられて幸せだったなぁ…。

珍しく緊張しすぎることなく舞台に立てたんだけど、
感極まって泣けてしまったのが3回…(^^;

1つは初日の開演待ちのときにダンス振付&指導のS@chiさんから
「最終ダメだしね♪」と渡された一枚のノートの切れ端…。
書いてあった内容はすごく温かいメッセージで励まされたし感動したのね

あとはやっぱり千秋楽。
『愛をありがとう』を歌いながら“ああコレでピコと会えるのも
本当に最後なんだぁ~って思ったとき。寂しさと感謝でいっぱいに。

カテコでキラリさんを舞台上に呼んで、ホントのみんなで歌ったときもね。
サプライズ企画のハズが
自分がハマっちったよ…(f^^;

「誰も知らない 私たちの 夢が~ あぁ~あ~♪」

…そう、ホントにいろんなコトがあったの。ここに来るまでに…。
でも、何かをあきらめたりするんじゃなく、誰ひとり溢れることなく
みんなで一緒に舞台にたって輝けてヨカッタ-ソ-ソ

宇天那は1つのユニットみたいなモノだから、またみんなと一緒に
舞台に立てるワケじゃない。みんなが別々に自分の道を進むことになる。

それでもみんな仲間なんだ♪距離とかは感じない(*^^*)
いつでも遊ぶし、いつでも飲むし(笑)
でもまたいつか同じ“光”の中にいれたらいいなぁ…(*^^*)

みんなありがとう♪
宇天那やそこでみんなに出会えてヨカッタ♪

そして細やかにそして大きく舞台全体を支えてくださった舞監さんはじめ
音響、照明、受付、メイクアシストetcのスタッフのみなさん
そして何よりも劇場に足を運んでくださったみなさん、
観には来られずともいっぱい応援&励ましいただいた仲間たち
ホントにホントにありがとうっ(*^^*)

舞台は終わったけど、“夢”は醒めず
さらに大きな“夢”を花開いていくよ(*^^*)


“音楽”に…感謝っY(*^^*)

<画像>
☆終演後のロビーにて♪(5日昼公演)
☆たくさんいただいたお花の中から1つだけ(*^^*)☆福祉工房からのクッキーなどなど♪温かい差し入れとメッセージにも感謝っ
[PR]
# by nicchann | 2008-10-06 23:40

通しリハーサル!

またまたご無沙汰になっとりやすっ(^^;
ハード街道まっしぐらっ!(^^;
宇天那の公演もいよいよ来週だものー(>_<)

稽古日数もさることながら、ミュージカルのオケ版音源が遅れてて
私も手伝うことになったの。ミュージカルナンバーが7曲、BGMで4曲。
仕事と稽古の合間を縫うとなると、後は睡眠削るしきゃないもんね(^^;

そいでも本番に向けて気持ちが1つに向かっていくのは楽しいモノ(*^^*)
舞台を自分の音で彩れるのも幸せっ

そして何より劇場まで足を運んでくださるお客さんの心に
何かを届けることができたらホントに幸せ(*^^*)

宇天那カンパニー第2回公演『夢から醒めた夢』

10/4(土)13:30/18:30
10/5(日)12:30/17:30

アミュー立川(小ホール)
入場無料(チケは予約制)

お楽しみにー(^-^)/
[PR]
# by nicchann | 2008-09-27 15:02
f0056412_7112284.jpg夏のまとめてupシリーズ 第1弾!(^^;
ハイ・・ホントは夕べup予定だったけども、新粋連の
みなさまと久々にオールやっちゃいました・・(笑)

そんなワケで第1弾は、新粋連レポをまとめてup!
今年の夏も各地の阿波踊り大会を粋に盛り上げて
くれた新粋連・・。いつもだと私もひと夏の間にかなり
の数オッカケするんだけど今年は土日がまるっと稽古
でしょ・・。だから今のトコ3回・・(涙)
そいでも夏の夜をたっぷり堪能させてもらったヨ♪

f0056412_784933.jpgまずは神楽坂まつり。ありがたいコトに毎年平日開催なのね。

“神楽坂”って名前を聞くだけで、なんか“和”の香りが漂うような素敵な雰囲気の街でしょ?

道の両脇には普通にお店も立ち並んでるんだけど、提灯いっぱい飾ったちょうどいいくらいの商店街は、夜になると風情ばっちり。しかも神社の境内脇なんかも通っていくから、なんかいいんだよね。

f0056412_723596.jpgそして名前の通り、みごとな坂。その急な長い坂を流しながら踊っていくのもなかなか見ごたえがあるのね。今年のスタートは
いきなり動きのある4・6から。つかみはOK♪

でもって坂道を美しく&粋に舞いながらゆるやかに登っていったんだけど、今年はなんと坂の中ほどでも、通称“新粋3”がお目見え!(@◇@;
これね、けっこ~動きのあるパフォなんよ。女踊りがつっかけながら前に出たり、男踊りがその間を縫って前に飛び出したり・・。鐘の合図で「おっ来る!」ってのがワカルんだけど、もうそうするとワクワク!一番見応えのあるポジションをキープすべく、走っていっちゃうくらいね(笑)

まさか、それを坂途中でやってしまうとは思わなんだ!サスガ!

f0056412_7351084.jpg坂下&坂上と2本踊って、最後の演舞は坂下からあげってスグのトコ。いつもながらに、華があって、静と動があって観ていてあきさせない構成!まわりにいたお客さんもすぐさま取り囲んで、新粋の舞と躍動のあるお囃子に魅入ってたヨ。夏の夜を素敵に酔わせてくれましたぁ♪


f0056412_7444712.jpg続いて大和阿波踊り。
コレはね、新粋連の単独出演ではなくって、城南建設連ってゆ~合同連。高円寺の有名連や我らが新粋連などなど、総勢100名越えの大型連!
こんだけ人数がいて、しかもいろんな連の踊り方や特徴なんかがあるんだろうけど、それはそれとして、しっかり群舞として魅せてくれるのね。鳴り物もすっごい数いて、見ているだけで圧倒されるけど、ドンチャカうるさいカンジではなくて、グルーブとしてしっかりまとまってる。もうね、血が騒ぐよね・・。こ~ゆ~お囃子の音ってさ・・(笑)

f0056412_7565151.jpglこの日は去年に続いて、ブログにもよく遊びに来てくれるスーさんと一緒に完全オッカケ♪スタートからホントにラストのラストまで・・でしたねぇ(笑)あ・・強いていえば、観ていない“さじき席”。来年こそ?

大和は短いコースがたくさんあって、流しってゆ~よか、演舞が中心。お気に入りのトコで色んな連を観るのも面白そうだけど、きっと来年もオッカケコース決定だな(笑)出店もたくさん出てるんで、夏の夜のひとときを楽しむのにも、素敵なお祭り。スーさん来年も是非ご一緒しまショ♪

f0056412_874592.jpgそしてつい一昨日のイベント、西新井大師での阿波踊り。ここはね、夏の盆踊りはかなりの歴史があるらしいんだけど、阿波踊りはココ数年。んで「是非阿波踊りもやりたい」って声があがったときに、出演と指導を頼まれたのが新粋連。今では地元に“粋西連”が立ち上がって、このお祭りめざして毎年頑張っているほど。・・・すごいよね。
私は西新井のお祭りには今年初めて足を運んだんだけど「もっと早くから行っていれば良かったぁ~」と思うほどの、とっても風情あるところでした!
(ちなみにデジカメの調子が悪くて、画質がすごく悪いの。すんまそん・・)

f0056412_8164447.jpgねっねっ?画質最悪だけど、風情あるでしょ? 街並み。でもね、この日は駅についた途端、重くて厚~い雲・・。夕立が来るのも時間の問題かってな天気・・。そいでもこの趣きある街並みの中をまずは一本流し!・・んで待機場所に移動しがてら、もう一本?・・と思ったトコに・・来ちゃったよ・・。
ざぁぁぁぁぁ~!!!!!!!雷を伴った大雨! スタートに4・6をやったかと思いきや、サスガに「撤収~っ」と軒下に散っていく新粋のメンバー。(そりゃそうだ・・)
しばし雨宿りしつつ、待機場所に戻って・・そして結果・・ザンネンなことに中止になってしまったの・・(涙)

f0056412_830527.jpg観る側はもちろん、やる側も来たからには演りたりない・・よね。しかも粋西連の方は年に一度の晴れの場・・。そんなワケで・・新粋連さん、会場に設置された軽食&宴会の場(?)で、余興として踊るコトに・・。・・とは言え、いったん中止になると、音出しも派手にはできないから、主催側と了承を得ながら、三味線&笛のみ生楽器で、鐘は小さな鐘、太鼓類は椅子やテーブルを叩くってな新手構成のお囃子で(笑)さぁさぁ上演!←すばらしいっ

f0056412_8431024.jpgちょいと見づらいけど、提灯の奥に粋々と舞う新粋連。もちいったん中止になってしまったので、みなTシャツだけど、これはこれでめったに観れないレアな演舞で、お得感満載!(笑) 関係者のみなのに宴会に誘ってくれてありがとう!(感謝♪)
んで、大きな拍手をいっぱいもらった後は、トリには地元“粋西連”を! 「すいさいれん!」と新粋メンバーのコールに後押しされて、粋西連も1年間稽古した成果をドーーンとこのスペシャルバージョンで演舞しきってたよ。

宴会場を発った後は、新粋連と一緒に大塚に戻って、打ち上げに参加!
ブログ冒頭のと~り、一部メンバーと朝まで飲んでいやした・・(^^;
夏の陣、残すは高円寺と大塚。高円寺は土日で観られないケド、地元大塚での阿波踊りは前夜祭&本祭ともにすごく楽しみ!これはまた別立てでupするね♪

そんな新粋連“夏の陣”・・まとめてupシリーズでしたぁ・・♪
[PR]
# by nicchann | 2008-08-23 08:52 | 新粋連