人気ブログランキング |

音楽と観劇と旅行と新粋連が大好きなにっちゃんのブログです。人生凹むコトも多々あるけど、とにかく楽しいコト、やりたいコト・・いっぱいやりたいね


by nicchann
カレンダー

2006年 03月 12日 ( 1 )

本のコト!

f0056412_0142419.jpg『ナルニア国物語』シリーズ・・最近ヒマを見つけては読みちぎっておりまする(^^; 1冊1冊で単独の物語にもなってるんだけど、シリーズ全部を通してナルニアの歴史(誕生~滅亡まで)にもなってる。
今日『魔術師のおい』を読み終わって、ナルニア史上で第3弾にあたる『馬と少年』に入ったトコ。中学の時にこのシリーズニハマったコトは前にブログで書いたけど、今読んでも、なかなかに楽しめるなぁ・・。

『魔術師のおい』ではナルニアが誕生を人間界からきたポリーとディゴリーたちが見届けるんだけど、静寂の中に響くアスランの歌(大地の歌ってカンジ!)とか、川や緑や動物たちが生まれてくる様子がまざまざと見えてくる。あと素敵だなぁ~と思ったのが「世界と世界の間の林」ね。地球にしろ、ナルニアにしろ・・・色んな世界への入り口がここにある異次元空間で静寂と平和と緑につつまれた世界。そこにはたくさんの泉があって、その泉が色々な世界とつながってるの。幻想的だけど「きっとこんなところ」ってゆ~のが不思議と見えてくるんだよね。(素敵な本だっ!)

f0056412_0335256.jpgユーモラスなシーンも色々あって今回のヒットはアンドルー叔父が動物たちに“木”と間違えられて植えられた上に頭から水をかけられてしまうシーン(汗)
この叔父・・さんざ傲慢なコトをやってきたんで、その“報い”を受けてるよ~な場面でもあるんだけどね。ナルニアのしゃべる動物だちはすっごく友好的なのに叔父にはその言葉がわからないっ!そんで木だと思われちゃうんだけど親切心でやってる動物たちと恐れおののく叔父のギャップが妙におかしい・・・(^^;

第3弾『馬と少年』もすでにハマりはじめてるけど、今回の冒険&世界観・・そしてアスラン(ライオン)がどんなカンジに絡んでくるのかとても楽しみ♪
『はてしない物語』(ネバーエンディングストーリー)にもかなりハマったクチだし、5月発売の『ハリーポッター第6弾』も心待ちにしてる状態だけど・・やっぱファンタジーはいいやね~♪
by nicchann | 2006-03-12 22:59 | 観劇&読書レポ