人気ブログランキング |

音楽と観劇と旅行と新粋連が大好きなにっちゃんのブログです。人生凹むコトも多々あるけど、とにかく楽しいコト、やりたいコト・・いっぱいやりたいね


by nicchann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007年 07月 15日 ( 2 )

本やマンガでハマると一気に読んでしまう私・・(^^;
『ナルニア国』シリーズ、シドニーシェルダン、そしてラングトン教授シリーズの『ダビンチコード』&『天使と悪魔』・・。そしてもちろん『ハリーポッター』 も・・ね。

そもそもは友達に『賢者の石』 (第1作)の映画を観にいこうよと誘われたのがキッカケ。だったら原作読まなきゃね~と買ったんだけど、最初の数ページはひたすら眠くて、ホグワーツ(魔法学校)に行く前に爆睡(^^; 結局ほとんど予備知識のないまま映画館へ・・。でもそれでハマってそっからは出ていた3冊の本はあっとゆ~間に読破しちゃったね(^^;

原作はとにかく長編。・・だから映画にするとど~しても駆け足になっちゃって、本で描写されてる内面やら、ユニークさまでは表現しきれなかったりするんだけど、それでもあの魔法世界をどんな風に映像化するのか・・ハマり役の役者たちが、どんな風に活躍するのかを観に、速攻映画館へっ(笑)今回も台風接近してたのにね・・。先行上映があると知るや否や・・・の直行デシタ(^^;

さてさて・・『ハリーポッター不死鳥の騎士団』(シリーズ第5弾)・・今回はまた暗雲たちこめるストーリー展開なのです。まず、前作で、「名前を呼んではいかないあの人」・・ヴォルデモート卿が甦ってしまったんだものっ(>。<) しかも好青年セドリック=ディゴリーが、アッとゆ~間に殺されてしまってるし・・・。そんな重みを背負いながら、第5弾のスタート。

苦悩と孤独を、いつも小さい身体に背負っているハリー。
今回も、その“試練”は、ますます増すばかり・・・。

ヴォルデモート卿の復活を信じたくない魔法省が、ハリー(とダンブルドア)を虚言者扱いして、新聞にもハリーやダンブルドアを中傷する記事ばかり・・。学校でも新聞の記事を信じた生徒たちがハリーを中傷して、ますます孤立・・(嗚呼っ) それにヴォルデモート卿と戦うための有志“不死鳥の騎士団”が立ち上がるんだけど、当事者のはずのハリーが、蚊帳の外。しかも、いつもそばで支えてくれるダンブルドアが、ハリーを故意に避けていて・・・。

そしてホグワーツでは、当面ヴォルデモートよりも深刻な“敵”が・・・(0_0;
その名も、ドローレス=アンブリッジ。「闇の魔術の防衛術」の新任の女教師なんだけど、魔法省から送られてきた刺客!校則、規律、拘束、懲罰!生徒全員が不満を募らせる中、双子のウィーズリーたちの大胆不敵な行動は・・・!??? もうこいつら痛快すぎますっ(笑)

そして緊張感高まる、後半の魔法省での戦いは・・これまた緊張感高まる中、見ごたえのあるシーンになってました。ダンブルドア軍団が・・不死鳥の騎士団が・・デスイーターたちが・・そしてヴォルデモートが・・・。そして・・なんと“彼”が・・・(>。<) その戦いの中に、色んなドラマがあるのだけれど、一番印象深かったのが、ラスト近く・・・ハリーがヴォルデモートと心の戦いをしてる中で言う、ダンブルドアの一言・・・。

「どれだけ似てるかではない。どれだけ違うかを考えるのじゃ」

・・コレは・・なんだかすごく深みがあって、聞いてて涙が出たね。
ハリーの孤独とか、不安とか、恐れとかも考えると、なおさらね。
ハリーが悩んでいたすべての答えがこの中にあるのかも・・・。

今回の映画は今までのシリーズの中でも、良かったなぁ~と思ったのね。
どうしても駆け足になってしまうトコはあるし、原作を読んでること前提の作品ではあるけれど、何が一番良かったかって、登場人物たちの内面がすごくよく描かれていたコト。どうしても映画だとね・・映像化とか、対戦のアクションとかがクローズアップされがちなんだけど、そこも踏まえながら、今回の作品でクローズアップされなくちゃならない、ハリーの孤独や不安、彼が心を許す名付け親のシリウスとの関係とかが、今までの作品よりも掘り下げて描かれていた気がする。

ちなみに・・キャストでは・・主役のハリー、ロンちゃん、ハーマイオニーはもちろん・・
今回は超嫌われ役のアンブリッジ先生と、新キャラ、変わり者の“ルーナ”を演じた子がとても印象に残った!特にアンブリッジ先生は、作品全体をひきしめてくれたやね(笑)すばらしいっ!!

そして・・今回は、ハリーのファーストキスのシーンがあるのだけれど・・これが切なくて、いとおしくて、ステキなシーンでした。
観ていてなんだかうらやましくなってくるくらい・・(笑)
by nicchann | 2007-07-15 17:55 | 観劇&読書レポ

“曲づくり”始動!

イヤ~・・ついに動き出しましたっ  オケ作り!

・・・って、のだめの千秋みたく、オーケストラで指揮するワケではなくって・・
“SAC”でやるミュージカルのオリジナル曲のオケ作り♪

今年はSACの5周年記念とゆ~コトで、8/12(日)に三軒茶屋のシアタートラムで自主公演(しかも2回公演!)をするのデス!!稽古の進行状況は・・・とゆ~と・・う~~ん。。。今のトコなんとも・・・(大汗)そいでも、私たちスタッフも含め、キャスト君たちも最後の追い上げの底力がスゴイので、なんとかなるかなぁ~ なんとかせねばぁ~ってカンジ(^^;

ま、そんなワケで、週末の3連休は、すべて!“作曲”に費やしやすっp(^^;)q

f0056412_4453683.jpg今日はミュージカルの冒頭、春のシーンで歌う『春が来る!』(仮題)のオケ作りに着手・・・。ピアノ伴奏で弾けるくらいまでの構想はすでに仕上がってて、稽古でも歌唱指導を始めてるんだけど、こっからが根気のいるトコロ。音楽ソフト“パフォーマー”と高校の時から相棒、KORGの「M1」君&ローランドの「XV2000」ちゃんを駆使して(?)、音を重ねゆくのです。・・ってゆっても、ドラムスとかベースとかオブリガートのメロディーとか・・やりながら作っていくんだけどね(^^; 音色探しやら、音のバランス、アクセントなどなど、やりだすとハマって、時間なんてアッとゆ~間。時間かかるの知ってるから、なかなか腰があがらないのね(^^;

今日はイントロ、Aメロ、Bメロまでがほぼ完成!サビは明日にすっかなぁ(^^;
鳥の声のSEも入れながら、春っぽい爽やかなカンジになってきていまするっ
・・とある人からは半分冗談で「ポコポコ」っとした音を入れて~とか、注文が来てますが、さぁ~どっすっかなぁ?(笑)

もう一曲の『秋風と二人』 (仮題)は、とりあえずのオケはできてるんだけど、BGM(インスト)で作る、夏から秋に移っていく音楽と、晩秋から「そりすべり」の2曲にいたっては構想すらまだ・・・。う~~ん・・残り2日でなんとかイメージだけでも固めないと・・(>。<)

でも、明日の昼は『ハリーポッター』観にいっちゃうケドね。(←台風来るのに?)
週末だもの~っ 休日っぽいこともしないと♪(^^;)b
by nicchann | 2007-07-15 05:17 | SAC