音楽と観劇と旅行と新粋連が大好きなにっちゃんのブログです。人生凹むコトも多々あるけど、とにかく楽しいコト、やりたいコト・・いっぱいやりたいね


by nicchann
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:新粋連( 11 )

2011年の挑戦☆

またまた約1年ちょっとも、こちらを放置して、草ぼーぼーっすね。
誰もいね~ ・・・・みたいな(^^;

ついつい楽にupできるmixiとかがメインになっちゃうんだけど
こちらもマイペースにupしていきますね~☆

さて!メッセージにも書いたと~り、ど~やら2011年は「新しいはじまり」のようでぃす。職場も4月から異動になって、なんと通勤1時間半!(がぃ~ん!) 新天地は寅さんで有名な柴又がワリと近くのエリア。仕事も今までとペースが違ってなんだか早い、早いっ(汗)
そんなワケで毎日が怒涛のようだけど、帰り道にただよう、下町ならではののれんの数々!おいしそうな「もつ焼き屋」からの香りが私をいざなう~っ(笑) 地元ならではのお店で同僚と一杯やる日も、そう遠くはなかろう・・・(にやっ)

舞台カンケーは・・宇天那で出会った歌姫「めぐち」と、「まりも企画」なる新ユニットを5月に発足☆旗揚げ公演(?)は来年秋予定!ふたりがとっても好きな原作本がありまして、それをミュージカルにできたらいいねってただいま、水面下でじっくり楽しくミーティング中!(笑)
なんせ「まりも」ですから、ゆっくりじっくりと成長していく感じだけど
どうぞお楽しみに!

そして!
自分すら思ってもいなかった「2011年の大展開」は・・ブログでも熱く紹介させていただいてた「新粋連」に・・・なんといろいろなご縁があって・・入連することに!

「そんなに好きなら入っちゃえばぁ?」だとか「そのうち入るんじゃ・・」なんて声は周囲からはときどき囁かれたり、訊かれたりしてたんだけど、私にはその選択肢はまったくといっていいほど、なかったんだよね。

すっごく魅力のある連だから「入りたくない」ワケじゃないんだけど、すごい連だからこそ、安易な気持ちで足を踏み入れちゃいけないと思っていたし、自分としては、いろんな意味での「ファン」として、連の歴史を見守りたい気がしてたから…。

それが「入連」を決意したワケだから、それなりのキッカケだったり、モチベーションもあったんだけど、大好きな新粋連だからこそ、自分にできること、精一杯頑張っていこうって思ってる。奥の深い世界だから、簡単じゃないけどさ・・とにかく思いきり・・・ねっ。

今はドキドキの方が大きいけど、夏にいつもオッカケしてた神楽坂や中目黒、高円寺、そして新粋連の地元大塚を一緒に鳴り物隊として練りあるくんだぁ・・と思うと、なんだかものすごくワクワクする。


そんな2011年の前半戦。
とにかくパワフルに私らしく、笑顔で!
今年も素敵にいろどっていきますよ~っ☆
[PR]
by nicchann | 2011-06-18 23:04 | 新粋連
大塚からバスで出発したバスの旅・・・。
ブログでアップしながら夜通し走りぬけた高速、深夜の空気や香りを思い出した昨日・・。今回はいよいよステージ編!

f0056412_11555354.jpg夜行バスの旅もなんのその!「あわぎんホール」に到着してバスから荷物を下ろすと、早速本番のステージに向け、気持ちが切り替わる新粋連!会館が開くと、実際のステージの下見をして舞台の広さを確認したり、楽屋に荷物を運びこんで着替え開始!ファン&仮スタッフ(?)としては何をしてればいいかなぁ~とまごまごしつつ、連員の家族の方と一緒に元気に走り回るお子たちの遊び場(発散の場とも言う?)を探して、しばし遊具で遊ぶ子どもたちを見守っていました♪そんなこんなをしながらも、『はな・はる2010』の開幕が気になって、時間を何度も何度も確認・・。

f0056412_1142194.jpg「舞台観てきても大丈夫よ♪」と言われたので開幕してからはホールへGo!本場有名連の演舞を客席で堪能!しばらくしてホールを出ると・・ホールの外で新粋連のみんなが結集!男踊り、女踊り、鳴り物の3つのパートに分かれて、ホールの広さを踏まえての動きの確認、細かい最終打ち合わせみたいのがされてました。

f0056412_12203227.jpgひとりひとりの動きがきれいでも、“まとまり”でしっかりと魅せることも大切!プロ意識をしっかりともっている新粋連、鳴り物の音の細かい噛み合い方とか、踊りでは手の高さ、足のあげ方、指の角度なんかも最終チェック!電話ボックスのガラスを姿見にしたりもしてました。言ってみればこれはメチャ舞台裏、バックステージ・・。しかも本場徳島での初舞台なワケで、ファンとして貴重な場に居合わせている自分の奇跡に感動していました。

f0056412_1244662.jpg嬉しかったのは女踊りの方からね、「にっちゃんさん、もう客席にいっちゃいます?前の方に座ってくださいね。そしたらにっちゃんさんの笑顔観ながら安心して踊れると思うんです」なんて言っていただけたコト。少しでも私の存在が新粋連さんの力になれるのであれば、こんなに嬉しいことはないよね。そんなことを言ってもらえて、気持ち的にはかぶりつきの席に座りたかったけど、それだと写真が撮れない!でも精一杯エールを送ることを約束しました♪

f0056412_12355451.jpg舞台袖に移動する新粋連さんにエールを送りつつ、私も良席を抑えるために客席へ!ちょうどステージの演目は1時間ほどの休憩中だったんで座席も選びたい放題!(笑)全体像の撮影が可能な最前列を探して陣取りました♪もちろんセンターブロックのどまん中席。「阿波踊りコンテスト」がはじまる時間が近づくにつれ、私まで舞台袖にいる気持ちに・・。(それなりに舞台経験があるからなおさら・・ね 汗) 「新粋連なら大丈夫!」と思いつつ、「守りにはいらず、攻めてねっ」なんて祈るような想いでしたわ。いよいよ本ベル!

f0056412_1353547.jpg写真は徳島参上!の瞬間!
新粋連はコンテストのエントリーナンバー2番!しかもここ数年ずっと総合第1位をとっている大学連に続いての演舞でした。あわぎんホールに新粋のぞめきの「よしこの」が鳴り響き、なんだか感慨深い気持ちに。
f0056412_1334473.jpg初出演での緊張もきっとあったとは思うんだけど、客席にはそれを感じさせない堂々とした登場!落ち着きつつも勢いのある、いつもの新粋の魅力あふれる舞台でした!「よしこの」に続いて、低くて深~~い「ッドンッガドン!」の大太鼓(おおど)の音色・・。
f0056412_13214331.jpgそれに合わせて女踊りがゆっくりゆらめくように前進!大好きな構成の通称「マイコ2」。ザンネンながら今回は照明効果は使えないんだけど、サスとか使うと、もうすっごく幻想的で美しいの!(もちろん照明なしでも音と舞いでしっかり魅せてくれるけどねっ☆)
f0056412_13391130.jpgそんな女踊りの美しいフォーメーションの後方から3人の男踊りが現れて、3・3に・・。三味線と篠笛がかけあいのように唄う「阿波小唄」。男踊りと女踊りもそれに合わせてかけ合いで舞うの!私のかなりツボなメロディーで、一度聴くと耳から離れない(笑)
f0056412_13461350.jpgとくに新粋の山さんの篠笛は最高に酔わせてくれるのね。ここ数年で篠笛にハマったとは思えないほどのセンスと表現力。お囃子の音色だけでもずっと聴いてて飽きないほど。いつか和のミュージカルをやるときには生演奏で吹いてもらいたいなぁと思うほど!

f0056412_13561299.jpg男踊りの暴れ踊りに続いて、いよいよ終盤!お囃子のテンポが切り替わると、ファンとしては「キタキターーー!!!!」と興奮!通称「新粋スリー」(いや、3か?笑)の新バージョン。女踊りの手が切り替わりと同時に天高く差し、男踊りがまわり、女踊りが攻めてきて・・。

f0056412_143454.jpgこれはきっと徳島の地元の阿波踊りファンも「おぉっ!」と血が騒いだんじゃないかな?きっと♪私はこのあたりからなんだか涙がジワっと出てきた。たぶんそんな会場の空気を感じたのと、そんな空気にさせた新粋連の徳島初舞台に感極まったんじゃないかと思う。

f0056412_14115538.jpgフィナーレからいつも歴史を感じさせる粋な踊りを見せてくれるおじいちゃんも登場!お囃子もさらにまくしたて(でも揃ってる!)、熱気がいっぱい伝わってきた。終わると(気分は)かぶりつきで大拍手!そしてまわりからも大きな拍手が湧きあがってね、嬉しいと同時にすっごく誇らしかったな♪

f0056412_14245713.jpg終演後・・さぁ!連長インタビューだ!・・と思ったら司会の方が連長を勘違い!「連長らしき方!連長らしき方!」と呼びとめられたのはおじいちゃん!まぁ、確かに風格はあるけど・・違うよ?(笑)でもそのままおじいちゃんがインタビューに答える流れに(^^;
でもおじいちゃんの阿波踊り歴に会場からもいっぱい拍手が!そして司会者には意味が伝わらなかったみたいなんだけど、おじいちゃんの「私は・・・阿波(徳島)の生まれです!」は、なんか「ここにあり!」みたいな勢いを感じる名言だったなぁ・・。粋でしたよ!おじいちゃんっ

f0056412_14365265.jpgそして・・コンテストの結果は・・とゆ~と、県外連の部門、堂々の第3位!客席から観てた立場としては、表現、まとまり、構成、完成度などなど、もっと上位に食い込んでもいいホドだったし、実際、表彰状を渡してくれた審査員の方も、「審査の最後まで優勝候補に絡んでました。すばらしかったです」ってコメントをもらすほどだったもん。初出場にしてものすごい快挙!次にめざしたい目標だって同時に生まれるワケで、新粋連の新たな章のはじまりには、挑戦意欲をかきたてられつつも輝く大きな賞だったんじゃないかと思う!新粋連のみなさん、おめでとう!そして・・連長!ヨカッタねっ!

新粋連発足から15年。
私が新粋に出会ったのはたしか4年目からだったけど、その中でもホントにいろんな歴史があった。そんな中で連員たちの結束が固まって、文字通り気持ちがひとつに・・。ホントに素敵な連だと思う。「新しく、しかも粋に!」の連名の通り、信じてきた新粋としてのスタイルの中にしっかりと阿波踊りの伝統を感じる踊り・・。1年1年の積み重ねが、それぞれの年に華開いてる。ううん・・1年1年の積み重ねがあるからこそ・・・ね。

「阿波踊りが生きがい」

そう心から言える仲間たちの集まった少数精鋭の連!
次は夏本番に向けて動き出す新粋連・・。
ますますの飛躍から目が離せないねっ

そして・・私も負けずに精一杯頑張ろう!

新粋連 最高!

f0056412_14582612.jpg

[PR]
by nicchann | 2010-04-29 15:00 | 新粋連
なんと1年ぶりのブログ更新のようですわ(^^;
でもコッチにしっかりと書きとめておきたい“旅”があったんで
久しぶりにガッツリ書きあげよ~と思います♪

ブログでもときどき話題に載せてる「新粋連」
結成15年にして、いよいよ本場徳島デビューすることになってね、その遠征の旅に一緒に行ってきたの!

f0056412_0355728.jpg新粋連のホームグラウンド大塚に集合したのは、金曜日の夜21:30。そう!徳島までの超距離は、チャーターした大型バスでの旅!もちろんバス内泊・・ってことになるねっ(^^;
大好きな新粋連と一緒に旅するのは、嬉しいと同時にちょっとドキドキ。「ホントに便乗しちゃっていいのかなぁ~」とガラにもなく「借りてきたネコ」状態でしたわ。そうこうするうちに、バス到着!鳴り物の楽器やら、荷物やらを積みこんで、いよいよ出発ぁぁ~つ!(写真のバスは明け方のサービスエリア)

f0056412_0521757.jpgバスが出発するとね・・間もなくして・・宴会のはじまり??・・イヤイヤ、宴会っつ~か、寝酒かな?(笑) 消灯23時の予定が1時間延長!当然、私の元にも連長直々にノルマビールが手渡され(笑)グビっといただかせていただきやしたが(^^;
でも24時になるとスパっと消灯!なんせ徳島着いたら、スグ本番のステージなんだもん。そりゃぁ~しっかり寝とかないと・・。夜行バスは寝れないかなぁ~と思ってたケド、気づくとサービスエリアだったりしてたから、意外と寝てたみたい。いびきとかかいてないといいけど(汗)
そうそう・・私の後ろの席の男踊りクンに「(遠慮しないで)座席もっと倒していいからねっ」とときどき気をつかって声をかけてくれたのが、なんかホッコリでした(*^-^*)ありがとねっ

f0056412_1212623.jpg真夜中の高速を走っているうちは「ホントに朝までに徳島に着くのかなぁ?」なんてちょっと心配してたんだけど、気づけば空も明るくなって淡路まで到着!淡路島を通って、明石を抜けると徳島はもう目前!そして「明石」と言えば渦潮!渦潮サイドの席だったんで、眠気も忘れて思わず身を乗り出して激写!(ちょっと渦が微妙だけど・・雰囲気だけでも・・ねっ)

f0056412_1161797.jpgバスはいよいよ徳島市内へ!そして新粋連の徳島初ステージ・・「あわぎんホール」に到着!ファンとしても感慨ひとしおだけど、連員たちにとっては「どれだけ」の想いを感じていたことだろうね。出演するのは『はな・はる2010』の「阿波踊りコンテスト」。徳島遠征は2年前からの企画、そして『はな・はる』に向けての演舞の練習は4月に入ってから3週間、ほぼ毎日だったんだって。往路の寝不足も、身体の窮屈さも、きっと忘れてしまうほどの、緊張や意気込み、自分たちを信じる気持ちが、あふれてたんだろうな。


f0056412_1441572.jpg「出発編」はまず、こんなところから♪
少しずつアップしていきたいと思います!
私にとっても忘れられない旅だったから☆

さて本番徳島での初舞台は???


新粋連・・・最高!
[PR]
by nicchann | 2010-04-29 01:48 | 新粋連
f0056412_7112284.jpg夏のまとめてupシリーズ 第1弾!(^^;
ハイ・・ホントは夕べup予定だったけども、新粋連の
みなさまと久々にオールやっちゃいました・・(笑)

そんなワケで第1弾は、新粋連レポをまとめてup!
今年の夏も各地の阿波踊り大会を粋に盛り上げて
くれた新粋連・・。いつもだと私もひと夏の間にかなり
の数オッカケするんだけど今年は土日がまるっと稽古
でしょ・・。だから今のトコ3回・・(涙)
そいでも夏の夜をたっぷり堪能させてもらったヨ♪

f0056412_784933.jpgまずは神楽坂まつり。ありがたいコトに毎年平日開催なのね。

“神楽坂”って名前を聞くだけで、なんか“和”の香りが漂うような素敵な雰囲気の街でしょ?

道の両脇には普通にお店も立ち並んでるんだけど、提灯いっぱい飾ったちょうどいいくらいの商店街は、夜になると風情ばっちり。しかも神社の境内脇なんかも通っていくから、なんかいいんだよね。

f0056412_723596.jpgそして名前の通り、みごとな坂。その急な長い坂を流しながら踊っていくのもなかなか見ごたえがあるのね。今年のスタートは
いきなり動きのある4・6から。つかみはOK♪

でもって坂道を美しく&粋に舞いながらゆるやかに登っていったんだけど、今年はなんと坂の中ほどでも、通称“新粋3”がお目見え!(@◇@;
これね、けっこ~動きのあるパフォなんよ。女踊りがつっかけながら前に出たり、男踊りがその間を縫って前に飛び出したり・・。鐘の合図で「おっ来る!」ってのがワカルんだけど、もうそうするとワクワク!一番見応えのあるポジションをキープすべく、走っていっちゃうくらいね(笑)

まさか、それを坂途中でやってしまうとは思わなんだ!サスガ!

f0056412_7351084.jpg坂下&坂上と2本踊って、最後の演舞は坂下からあげってスグのトコ。いつもながらに、華があって、静と動があって観ていてあきさせない構成!まわりにいたお客さんもすぐさま取り囲んで、新粋の舞と躍動のあるお囃子に魅入ってたヨ。夏の夜を素敵に酔わせてくれましたぁ♪


f0056412_7444712.jpg続いて大和阿波踊り。
コレはね、新粋連の単独出演ではなくって、城南建設連ってゆ~合同連。高円寺の有名連や我らが新粋連などなど、総勢100名越えの大型連!
こんだけ人数がいて、しかもいろんな連の踊り方や特徴なんかがあるんだろうけど、それはそれとして、しっかり群舞として魅せてくれるのね。鳴り物もすっごい数いて、見ているだけで圧倒されるけど、ドンチャカうるさいカンジではなくて、グルーブとしてしっかりまとまってる。もうね、血が騒ぐよね・・。こ~ゆ~お囃子の音ってさ・・(笑)

f0056412_7565151.jpglこの日は去年に続いて、ブログにもよく遊びに来てくれるスーさんと一緒に完全オッカケ♪スタートからホントにラストのラストまで・・でしたねぇ(笑)あ・・強いていえば、観ていない“さじき席”。来年こそ?

大和は短いコースがたくさんあって、流しってゆ~よか、演舞が中心。お気に入りのトコで色んな連を観るのも面白そうだけど、きっと来年もオッカケコース決定だな(笑)出店もたくさん出てるんで、夏の夜のひとときを楽しむのにも、素敵なお祭り。スーさん来年も是非ご一緒しまショ♪

f0056412_874592.jpgそしてつい一昨日のイベント、西新井大師での阿波踊り。ここはね、夏の盆踊りはかなりの歴史があるらしいんだけど、阿波踊りはココ数年。んで「是非阿波踊りもやりたい」って声があがったときに、出演と指導を頼まれたのが新粋連。今では地元に“粋西連”が立ち上がって、このお祭りめざして毎年頑張っているほど。・・・すごいよね。
私は西新井のお祭りには今年初めて足を運んだんだけど「もっと早くから行っていれば良かったぁ~」と思うほどの、とっても風情あるところでした!
(ちなみにデジカメの調子が悪くて、画質がすごく悪いの。すんまそん・・)

f0056412_8164447.jpgねっねっ?画質最悪だけど、風情あるでしょ? 街並み。でもね、この日は駅についた途端、重くて厚~い雲・・。夕立が来るのも時間の問題かってな天気・・。そいでもこの趣きある街並みの中をまずは一本流し!・・んで待機場所に移動しがてら、もう一本?・・と思ったトコに・・来ちゃったよ・・。
ざぁぁぁぁぁ~!!!!!!!雷を伴った大雨! スタートに4・6をやったかと思いきや、サスガに「撤収~っ」と軒下に散っていく新粋のメンバー。(そりゃそうだ・・)
しばし雨宿りしつつ、待機場所に戻って・・そして結果・・ザンネンなことに中止になってしまったの・・(涙)

f0056412_830527.jpg観る側はもちろん、やる側も来たからには演りたりない・・よね。しかも粋西連の方は年に一度の晴れの場・・。そんなワケで・・新粋連さん、会場に設置された軽食&宴会の場(?)で、余興として踊るコトに・・。・・とは言え、いったん中止になると、音出しも派手にはできないから、主催側と了承を得ながら、三味線&笛のみ生楽器で、鐘は小さな鐘、太鼓類は椅子やテーブルを叩くってな新手構成のお囃子で(笑)さぁさぁ上演!←すばらしいっ

f0056412_8431024.jpgちょいと見づらいけど、提灯の奥に粋々と舞う新粋連。もちいったん中止になってしまったので、みなTシャツだけど、これはこれでめったに観れないレアな演舞で、お得感満載!(笑) 関係者のみなのに宴会に誘ってくれてありがとう!(感謝♪)
んで、大きな拍手をいっぱいもらった後は、トリには地元“粋西連”を! 「すいさいれん!」と新粋メンバーのコールに後押しされて、粋西連も1年間稽古した成果をドーーンとこのスペシャルバージョンで演舞しきってたよ。

宴会場を発った後は、新粋連と一緒に大塚に戻って、打ち上げに参加!
ブログ冒頭のと~り、一部メンバーと朝まで飲んでいやした・・(^^;
夏の陣、残すは高円寺と大塚。高円寺は土日で観られないケド、地元大塚での阿波踊りは前夜祭&本祭ともにすごく楽しみ!これはまた別立てでupするね♪

そんな新粋連“夏の陣”・・まとめてupシリーズでしたぁ・・♪
[PR]
by nicchann | 2008-08-23 08:52 | 新粋連
f0056412_2341217.jpgああ、ついに新粋連「夏の陣2007」ラストday・・。駅につくとすでにすっごい熱気を感じたよ。この日、最初のスタートは「中央演舞場」だったんだけど、予定の10分前にいったら居ない!!しばらく待っても一向に姿が見えなくって「が~ん・・じゃあ、もう出ちゃったんだぁ(>。<)」必死に追いかけ探したくても、年々“規制”が強くなる高円寺。道脇は通れないし、あちこちに柵、柵、柵・・。どのくらいに出発したかもわからないし、とにかく広い高円寺・・。「もう新粋には会えずに終わってしまうカモ・・(泣)」とマジで思ったけれど、去年のルートと進み具合を思い起こしながら、純情商店街にヤマかけ・・。新粋のお囃子が聞えないか、耳をすませつつ、順路を裏道から逆走。・・そして!!純情演舞上スタート地点で新粋の高張り発見!まさに出発しようとしてるトコでした!!合流できて良かったよぉ・・(涙)

f0056412_004351.jpg純情商店街を抜ける手前で、ど~やら“にっちゃん”も、ようやく発見してもらえたようデス(笑)ココを抜けると駅前脇のさじき席。もちろん中へは入れないから裏からまわっていたら、ラストのキメをした瞬間、さじき席から「うわぁ~っ!!!!!!」っと大歓声。なんだか嬉しくって裏から拍手に参加してみた私でした(f^^; 次のコースも・・スタート地点なのに、柵があって中に入れない・・(>。<)・・そしたら・・新粋連は踊りは正面スタンバイしつつも、お囃子は後ろを向いてくれて、柵の外の人たちに向かって「4・6」をやってくれたの。1つの連を集中して観たい人にとってはとてつもなく冷たい壁に何度も跳ね返された今日の私にとって、すっごく新粋の温かさを感じた瞬間だったのでした。あ・・ありがと・・。(この後またお囃子の音を頼りに裏道へ・・)

f0056412_2327383.jpg高円寺最後の夜・・フィナーレは大通りが色んな連入り乱れでいっぱいに・・。「阿波踊りの河」みたいでした。最後の最後の一瞬まで・・「この瞬間を踊っていたい」っていう熱気。祭りの空気、夜の風・・。今年の夏もいっぱいいっぱい酔わせてくれた新粋連に精一杯の拍手を送りつつ「あぁ・・夏が終わっちゃう・・」と思ったらマジで涙が出た。ホントにお疲れサマでした。そしてありがとう!

f0056412_037983.jpg夏は終わっちゃうケド、打ち上げには便乗で、延長戦・・・
ビールも生グレサワーもおいしかった♪何より、新粋連のみなさんと場を同じくして飲めるのが何よりだよね。ついつい長居しちゃって、大塚駅前の「東横イン」を取ったのに、再びチェックイン(?)したのは朝の5時過ぎ(--;
(↑意味なし?)
でも楽しい時間には変えがたいもんね。夏の終わりは悲しいケド、私も再スタート!!いつか新粋のみなさんに「にっちゃんってすごかったんだね」と思ってもらえるくらいに(?)、私もガンバロっと♪ 
[PR]
by nicchann | 2007-08-27 23:17 | 新粋連
地元・・と言っても私の地元ではありませ~ん(f^^;
新粋連のホームグラウンド・・大塚!!昨日の前夜祭に引き続き、今日は本祭。今年は35周年になるんだとか・・。新粋は結成されてから今年で12年目。・・・ってコトは、その歴史の中の半分は新粋も共に歩んでるってコトだね・・。それもなんだかスゴイことだと思う。

f0056412_23493589.jpg地元の本祭での新粋はいっつもスゴイんだよね。もちろん、三鷹とか、中目黒とか、神楽とか・・他でも贔屓目なしに魅了される連だし、全力投球なんだけど、生まれ育った街で踊り、地元の声援を受けながら踊ると、観てる方も、踊ってる方も「もっともっと!」とお互いに煽りあうみたいなカンジでヒートアップしてくんだろうね。笑顔も粋さも、躍動感も、もういつも以上で、熱気あふれる流し踊りだった。スタートは一本目は「新粋3」、二本目は「4・6」。本部前でもしっかりとアピール。ホントにカッコ良かった!!

f0056412_044295.jpgメインロードを流した後は、恒例の「裏・新粋」。ココではお囃子と踊りがワザと入れ替わって、ちょっと余興チックなコトをやったりするんね。もう最初からお囃子隊がボロボロで笑っちゃった・・。「お囃子揃ってないじゃん」とか言ってた方もいたけど、ココだけに通りすがった方・・これが真性“新粋”ではないですからねぇ(^^; 裏・新粋の演舞が始まると、女踊りの男踊りがあったり(しかも男踊り版の歌つき!)、男同士のスローがあったり、なぜか花を頭に挿して踊っていたり・・(笑)でも次第に商店街の人垣がたくさんになってきたんで、こりゃ~真性・新粋を見せにゃ~ってカンジになってきたんかな? 音を止めずにさりげな~く、お囃子隊が正式メンバーにチェンジ。女踊りも下駄を履いて、本格演舞のはじまり!!緩急あるキメどころ、見せどころに観客も熱狂して、盛大な拍手を送ってました。

f0056412_022550.jpgそして、こっからは今の自分の心境を語っていくんだけれども。。。毎年・・ダメなんよ。大塚本祭を観るとね。今年は涙こそ出なかったケド、またも自分の中に大きな虚無感・・。

新粋連は今年で12年。「新しく、しかも粋な連を!」って、連名にもこめられてるように、常に何かを求めていく、常に何かを表現していくことを追い求めていくのは、発足した当時も今もたぶん変わりないと思う。でも今のカタチになっていくまでの12年間には色んなコトがあったんだと思う。踊りを続けていくことも、連として続けていくことも、危うくなるときだって、きっとあったと思う。それでも「やっぱり新粋だ!」って思う気持ちが1つになって、これだけの大きな華を咲かせてるんだもんね。新粋としての12年だけでなく、彼らの人生の中に阿波踊りが入ってきてからをカウントすると、これまた相当な長い道程だと思う。

f0056412_0525985.jpgそれがね・・地元で、これだけ大きなスポットをあびる、声援が飛ぶ、まったく偶然通りがかった人をも熱狂させるパワー。でも、「まだまだ!」とこれからも進化を続ける新粋連・・。そうすっと、ふと考えちゃうんだよね・・。「自分にとって、それはなんだろう?」って・・。

自分にとっては、やっぱしそれは“音楽”だし、私だって他からみると、エネルギッシュな生き方に見えてるのかもしれない・・。うぬぼれとかじゃなく、自分でもセンス(とゆ~か感性?)はあると思ってる。でも「私はコレがやりたいんだっ」っていう情熱とか、1つのコトをつきつめていくエネルギーとかって、私にはやっぱり足りない気がする。自分のスタイルは、1つのコトを追求するんじゃなくって、バンドとかSACとか、JAZZピアノとか、そ~ゆ~川の支流が、全部“音楽”ってゆ~自分の大河につながってるのかなぁ~とも思うんだけど・・それでなくて「これを究めていきたい!」とか「これをやってみたい!」と思うものはあるんだろうか?

やろうと思えば色んなコトができるハズなんだよね・・

JAZZアレンジしたピアノのレパートリーを増やして、ソロや弾き語りでLIVE活動する。
作編曲法を本格的にマスターする(オーケストレーションなんかもできるくらい)
歌を本格的に磨きなおして、劇団四季の歌専へ! ←これは無理か?

f0056412_1473297.jpgそんな中でもやっぱり、できたらいいなぁ~って思うのが、自分たちの舞台。
SACは、作品の世界観や場面を考えて自分で音楽を作ったり、歌唱指導をしたり、「こんな風に演出したらステキですよねぇ・・」なんて言いながら舞台の構想を一緒に考えたりして、楽しいし、自分の感性への挑戦だし、やりがいがある。ようするにそれの自分たち版みたいなカンジだろか?自分たちのミュージカルを作る。私は役者じゃないけど、そんな中で思いっきり、歌ったり、踊ったり(?)演じたりしてみたい。ミュージカルの世界観を彩る音楽を作ってみたい・・・。

ただ・・コレは並たいていのコトじゃないんだよね・・・。
一人でできるコトとは違うから・・。でも新粋だって・・そうだよね。
だから・・やってできないコトはないのかもしれない・・。
なんて・・・モイチド夢を見直してみたり・・・ね。

「できない」「難しい」なんて言ってるうちは、何も変わらないケド
とりあえず一歩動きだしてみたら、何かが変わるのかもしれないし・・。

新粋すごいよ・・。ホント。
私も、誰かの何かを動かせるような、あんな輝きをもてるようになりたいなぁ。

新粋の打ち上げ・・あわよくば便乗?・・なんて思ってたけど、新粋が誇らしい気分とそれと比べて自分がどんどん凹んでいきそうで・・退散!
色んな意味で、一歩一歩がんばってかんとね・・。
気を取り直して、土日の高円寺もシッカとその輝きを見届けさせてもらいやすっ
[PR]
by nicchann | 2007-08-24 01:36 | 新粋連
いよいよこの日がやってきました!!
大塚阿波踊り前夜祭!←って私が出るワケでもないのにこの盛り上がり(^^;
大塚ではね・・毎年、流し踊りをする本祭の前夜に、南大塚ホールで、各連が舞台踊りを発表するの!新粋は毎年テーマを決めて発表してるんだけど(テーマに囚われてやってるワケではないけどもね・・)今年のテーマは「緩急」・・。幕が開くまで妙にドキドキしちゃったヨ(^^;

f0056412_0204925.jpg緞帳が空いて、まず「おぉ!」と思ったのが、いつもだと舞台中盤くらいに見せ場のあるおじいちゃんがセンター板付き!そして少しスローなカンジの篠笛に合わせてソロを舞ったのデス!独特な踊り方なんだけど、とっても粋なんだよね。でもこんな風にしょっぱなからピンスポが当たる形は、私が観た中では初めてのコトで、のっけから意を付かれたカンジ!

・・・と・・踊るおじいちゃんの後ろで男踊り(ワリとメインを張ってる2人)が、顔をうちわで隠してスタンバイ・・。きっと・・・きっと来るぞ・・・と思ってたら、鐘が「4・6行くぞ!」の合図!!キタキタ~4分の6!!(舞台バージョン!)鐘を合図に仕掛ける女踊り、飛び出す男踊り!!サスガ新粋!一気に静から動へっ!!

f0056412_035509.jpgこっからは構成順でなく、フリートークでね♪ここ数年、男踊りがグングンよくなってるように感じる新粋!小粋さ、活気、笑顔・・。営業スマイルとかじゃなくってね・・ホントに踊る楽しさみたいのが、伝わってくるんだよね。「さぁさぁ~」とかゆ~囃子言葉を聞くと、なんだかコッチもくすぐられるみたいな(笑)まとまりのある群舞で、テーマの通り緩急・・とゆ~か、一定のテンポあり、アッチェレあり・・ってカンジかな♪ちなみに何気に好きなのが、背中の帯に刺してあるウチワを取り出すときの前ふりの手の動き(笑)

f0056412_0435380.jpgそして、いつみても華のある女踊り!手の構え方、指先の動き、足のあげ方etc・・揃ってて美しいんだよね。サスガ男なのに女踊りが得意(?)な連長直伝なだけある!女性の私から見ても、思わず「ほぉ・・」と見惚れてしまうホド(笑)←ってゆ~か私に女性らしさがなさすぎ?(大汗)細かいトコでは「あっココの間隔が揃ってたらなぁ」ってのがなくはなかったケド、新旧メンバー色々いる中、女踊りとしてのまとまりがあって良かった♪

f0056412_0584232.jpgそして!!今回・・お子たちが大活躍!連員たちの小さな息子や娘が中心の5人組(?)なんだけど、いつもは、おじいちゃんに引き連れられての出ハケなのに、なんと子供たちだけのパフォをget!!そして、なんとリズム(拍子?)での切り返しっつ~か、ターンを子供たちだけでやってるじゃん!!コレにはちょっとビックリした!!でも、お子たちのハケのタイミングが遅かったみたいで「上手にハケて~」の大人の手が舞台袖から見え見えになっちゃったり、次なる見せ場、通称「風車」に少しだけカブっちゃったのは、ちょっと惜しかったかなぁ。でも、コレも、舞台踊り後の駅前踊りでは、1シーン・ソロを入れて解決してたから、サスガでした・・・。
(お子たちの写真暗くってごめんね・・)

f0056412_172285.jpgそれから、それから・・お囃子の各楽器の音色も踊りとかパフォの中によく活かしてるトコ・・今回もありました♪写真は三味の時に女踊りが出てるトコ・・。(男踊りは締と大胴だったっけかな?・・しまった忘れた・・)三味は2本くらいでやってるんだけど、半音ずつ微妙にずりあがっていく三味独特な音色がけっこ~好き。新粋に三味が入って2年目だっけか。最初は「えっ?新粋に三味?」と意外に思ったケド、こうなってくるとまた表現の幅が増えて、いいなぁ。

f0056412_116490.jpg通称「風車」の画像は後にとっておいて、舞台踊り、最後の盛り上がりには、これまた来ました、今年の裏テーマらしい(?)通称「新粋3」。女踊りが飛びながら、後退したり、男踊りがウワっと前に飛び出したりを、躍動感のあるお囃子の中で演舞!そっから一気にフィナーレへ!! ちなみに私はかなりおいしい中央席を途中でゲットして座ったんだけど、たまたまお隣の方が、ところどころ私に話しかけてきてたんだけど、なんと大会の開催委員長だったようで・・。でも新粋のコトを「すばらしい連だ・・。」と話していました。なんだか嬉しかったなぁ。(つ~か、私もガンバらにゃ~>。<)

f0056412_1305782.jpg舞台踊りの後は、恒例の駅前へ♪ ホールから駅までの道も歩道を流していくのね。駅前は明日の本祭を前に提灯がたくさんあって、それだけでなんだか風情バッチリ。舞台踊りは好きだけど、やっぱ阿波踊りって夏の夜風の中がなんだか似合う・・。駅前はステージっつ~より、スペースってカンジだけどたくさんの提灯をホリ幕に(?)、今年の舞台踊りバージョンの再演がスタート!!お囃子の音に釣られて、人もたくさん集まってきたヨ♪

f0056412_1412020.jpgそしてコレが通称「新・風車」なるもの!!(です・・たぶん)写真だと動かないからわかんないケド、ラインを崩さずに、中心もぶれずにグルリとまわるの・・。さらにクルっと向きを変える瞬間があって、コレをそろえるのはたぶんタイヘンだったんじゃないかと思うけど、バッチシ決まってました♪・・お見事!

f0056412_1501653.jpgフィナーレ後、お客さんたちから「アンコール」の声!!ラストは観客をも巻き込んでの乱舞(?)でした♪新粋定番の太鼓の合図でジャンプして「さぁ~っ」とポーズとるのも一緒にやったりしてて、なんだか楽しかったなぁ・・。あぁ・・私も新粋の高張の元に集まりにいけば良かった・・か・・・なぁ?(f^^; ←踊りに自信なし・・

まさに名前のごとく、前夜祭盛り上がってまいりました!!
明日はいよいよ本祭!!

地元の声援と活気の中、メインロードや、裏道での流し踊り・・。番外編「裏・新粋」では何が起こるかこれまた楽しみだし・・明日も精一杯楽しませてもらおうっと♪でも、いつも大塚での盛り上がりは観終わった後に、楽しさ通りこして悔しくなるからなぁ・・。のんびり屋の私だから、またガシガシ刺激してもらうか・・(f^^; 発奮剤として・・。
[PR]
by nicchann | 2007-08-23 23:39 | 新粋連
f0056412_501938.jpgいよいよ新粋連の後半戦の開幕!!後半一発目は三鷹。なんでもココの阿波踊りは今年で40周年を迎えるんだとか・・。けっこ~歴史があるんね~。新粋連はほぼ毎年(?)三鷹には参加してるんだけど、ジツは私はココに観に来るのははじめて・・。さてさて・・後半初回、どんなスタートになるんだろ~!??

f0056412_5103277.jpgスタート一発目・・・来ましたーー!!4分の6拍子!!(通称4・6)・・しかも!!連長の予告通り、このリズムに合わせて振りがついてる!!コレがまたスゴク派手に動く分けじゃないんだけど、この独特なリズムをうまく使っていてね・・。女踊りと男踊りとを2小節ずつ交互に・・。女踊りはつっこむリズムで2回前につっかけて、トントントンと後ろに引いて3回、男踊りは女踊りの脇から2人出て、バッと粋にアピール。たしかリズムに合わせてさりげに足さばきしてたよ~な。男踊りがやってる間の女踊りの手の動きにも注目!ユ~ラ ユ~ラと手で表現してるんだけど、特に、1,2,3,4,5,6の5,6で横にス~~って引いてく動きが美しかったわぁ・・。ちょっと言葉で書くと、イマイチ伝わらないケド(汗)、今年もまたやってくれました新粋ってなカンジ(笑)

f0056412_5222828.jpg粋で躍動感のあるリズムを生み出してる新粋の心臓部、要の“お囃子”隊。けっして大編成ではないんだけど(でも今日は大胴が5台もあって迫力だった!)まとまりとセンスをメリハリのあるお囃子・・。他の連は大胴と締がなんだか同じリズム刻んでるのもあるんだけど、締太鼓をあえてオブリガートみたく、別のフレーズを歌わせてたりして、その絡みがまたなんとも絶妙なんだよね。最近では締のトコトコトコトコ~の16付の合図をキッカケに男踊りが女踊りを超えて奇襲の乱舞をするのも定番!三味は1~2台だと大きい道ではほとんどかき消えちゃうケド、コレがまた裏道とかでは、少ない台数でも音色が活きたりするんだわぁ・・。でもアンプとかをつけずにあえて生音で勝負してるトコが私は好きだったりします♪

f0056412_536344.jpg三鷹のメインロードは南口商店街の一本だけで、駅側からスタートする道と、反対側からのスタートする道の2本。グルグル練り歩くワケではないので、各連の待機時間もそこそこあったかな。新粋の近くにいたいのはヤマヤマなんだけど(笑)その間も他の連を観ながらチャッカリと祭りを満喫。暑かったので、かき氷(ブルーハワイ♪)を食べたり、あとは洋食屋さん(?)が自家製ペペロンチーノを300円で売ってて、にんにくの香りにつられて買ってしまったヨ。(うまかった・・)定番の生ビールももっちろ~ん(^^)v でも軽く一杯飲んだだけなのに、帰りに頭痛が・・。お酒のせいか、薬の副作用か・・いづれにしても血圧だ・・。ツライ~(>。<) ←ってゆ~か飲むな?

f0056412_617936.jpg阿波踊り終了のラスト5分は各連の乱舞タイム。5分は各連にとってチョット短いよねぇ・・。しかも5分キッカリでしつこいホドの「お囃子を止めてください!!」とキツイ放送が・・。まぁ、交通整理とか色々あるのでしょうけど、せっかく盛り上がってるのに興ざめだよねん(f--;

まぁ、それはともかく、新粋連の小粋さと躍動感を堪能したお祭りデシタ♪新粋連も前半戦が終わって小休止があったから、いつも以上に「踊りたい~っ」気持ちが炸裂したのかな♪徳島の阿波踊りを観にいったりもしてるから刺激もうけるよね・・。

f0056412_5502473.jpgそして、なんと最後に表彰式があって、新粋連はトップバッターで呼ばれて「日刊スポーツ新聞賞」を受賞!!(市長賞とかはやっぱ地元の連になるけどね・・)でもトップバッターで受賞するあたりに真実味が・・。本部へのアピールポイントで仕掛けた「4・6」もカッコ良かったからなぁ・・。表彰の瞬間はサンダルで必死に本部に駆けつけてる最中で、見届けられなかったんだけど、到着すると笑顔でトロフィーをかかげているのを発見!!
受賞ホントにおめでとう!!人垣がすごかった中、辛うじて撮れた1枚です(^^;
コレでまた勢いをつけて、後半戦のメイン・・地元大塚、そして高円寺と、夏を盛り上げてってね~♪(*^-^*)
[PR]
by nicchann | 2007-08-20 06:13 | 新粋連
あぁ・・この記事もやっとupできる~(f^^;
旅行にいったりもあったケド、夏はずっとSAC中心だったからね・・。
後半戦に備えて(?)このあたりで、前半戦ダイジェスト・・いっとこ~
(すいやせん・・。ダブルで書くので、またロングになると思いますが・・)

エト・・新粋連・・今年もイイカンジに、序盤戦、日本の夏を盛り上げてるヨ!
私が観にいったのは、神楽坂、大和(コレは合同連での参加)、中目黒の3本。
神楽はスデにup済みだもんね。まずは新粋単独出演の中目黒から行ってみっか♪(携帯で撮ったんで画質が悪い上に、変な効果がかかっちゃってるケド、雰囲気をお楽しみくだされ~)

8/4(土) 目黒銀座商店街(中目黒)阿波踊りまつり
f0056412_053164.jpgココはね・・私の地元なんで、毎年楽しみにしてるの。実家はモスコシ山の手の方なんだけど(性格的にお嬢ではないが・・)、そいでも目黒銀座商店街(通称“目銀”)は、なじみがあって、小さい頃には縁日とかもよく行ったなぁ・・。宝釣りゲームとか、金魚すくいとか・・。アンズ飴もおいしかったなぁ。今でも縁日とか・・やってるんだろか?

そんな私にとってなじみのあるエリアを、新粋連が通る・・。それだけでもなんだかスゴイことで、ワクワクしてくるんだよね。この日は沖縄から帰った次の日だったから、ヤケドでしっかり歩けなかったんだけど、ひきずり、ひきずり、スタート場所に駆けつけてみました♪(ギリギリセーフ!)

f0056412_175459.jpg新粋連のスタートは、趣向を凝らしたいくつかのパターン(?)があって、いつも何でくるかなぁ~とワクワク。中目黒しょっぱなは・・通称“4・6”(四分の六拍子)でキタかぁ~!!ミュージカル『ウェストサイドストーリー』の「アメリカ」のリズムにちょっと似てるヤツ。「タタタ・タタタ・ンタンタンタ」みたいな。お囃子でやるとこれまた鼓舞感が出てて、いいんだよね?夏の陣(後半)では、このリズムに踊りもつくようで、ガゼン楽しみ!! いつか『テイクファイブ』のリズムも阿波踊りで表現してほしいなぁ・・。

f0056412_11811.jpg粋な男踊り、華のある女踊り、躍動感のあるお囃子・・。商店街脇の観客やテラスで飲んでた人も新粋が通ると湧いて、新粋もすかさずアピール!!通るのは一瞬一瞬だけど、お客さんの心をつかみながら通ってて「サスガだなぁ~」と♪連長さんと何度か飲んだことのある飲み屋のママさんも裏道を通ったときに「ドコドコ~?」と出てきたり・・と、なんだか面白かった(笑)いいなぁ、そんなつながり・・。祭りの最後には各連ともストップした地点での円舞。裏路地で奥行きがなかったし、普通の通行人もいる中、少しやりづらいトコもあったのだと思うけれど、最後には裏道でも人垣ができて、なんだか嬉しかったなぁ。近くに、半オープンのさぬきうどん屋(?)があったんで、よく新粋のオッカケの時に会うオジサンが「ココでうどん食べてた人は、たまたまココで食べてただけで新粋連が観れてラッキーだよね」と話していました。・・・ホントにね♪

                          7/29(土) 大和阿波踊りまつり
f0056412_1553943.jpg少し時は遡って・・大和の阿波踊り。コレは新粋単独出演ではなくって、高円寺の有名連も集まってる100人規模の合同連に新粋メンバーも参加。大和は遠いイメージがあったんで、今までは行ったコトなかったんだけど、今年は「城南建設連」の大規模な鳴り物リーダーを新粋連連長コト“酒の配達人さん”が抜擢とゆ~コトでこりゃ、駆けつけねば・・と(^^)v 鳴り物の構成プラン&音をまとめたりetc・・苦労しつつも、作ってくのを楽しんでたみたいなんだよね♪・・・いったいどんな風になったんだろ!??
ちなみに「大和ってドコだっけ?」と調べてみたら・・なんと何度か行ったsueさん家からかなり近いエリア!こりゃ~誘うしかないっ・・と前日に声かけたら、嬉しいコトに一発OK♪sueさん家に遊びにもいきつつ、夕方に一緒に大和へ・・♪

f0056412_242126.jpg行ってみてホントにビックリしたんだけど・・まず大和阿波踊りの規模!・・ホントに大きい祭りなんね~W(@@;W 駅前には屋台とかもたくさん出てて、かなり広範なエリアで阿波踊りのコースも設定されてたし・・。「城南建設連」のスタート地点を探すのも地図みながら必死!(笑)
でも、目印の建物が見つかると・・いたいたぁ~!! そしてウワサには聞いてたものの、100人規模の連となると・・迫力がすごいのね。・・ってゆ~か、阿波踊りのチームは「○○グループ」とかじゃなくて、必ず「○○連」になるんだけど、この「連なる」の意味が「まさしくね・・」とうなずけるだけの迫力があったヨ。

f0056412_212402.jpg男踊り、女踊り、女の男踊り、鳴り物・・。連なってるだけでも迫力なんだけれど、人数とか力で押すってカンジじゃなくて、その中にまとまりとセンスがあるの!お囃子も大胴(オオド)の「ッドンガドン・・」ってゆ~深い音だけにしたり、三味と笛だけになるトコがあったりと音色でカラーを変えたり、リズムで緩急つけたり・・それに合わせて踊りのフォーメーションとか、踊り分けがあって・・。sueさんと二人でず~っとおっかけてたけど、全然飽きなかったもんね(^^;

f0056412_2203219.jpg上とこの2枚の写真は駅付近の演舞場みたいなトコ。奇跡的にワリといい場所がとれて、写真撮りまくりっした。この写真はたしか、三味と笛の音で踊り分けてるトコだったか、その後の絡みだったか。周りにいた男性がポツリと「城南建設連は毎年うまくなってるんだよ。観てておもしろい」って一緒にきた人に話してて、なんだか嬉しかったなぁ。

f0056412_2302253.jpgちなみに、祭りはやっぱし提灯に灯りがともる頃、夜になってからが、また風情がひときわ増していいね♪演舞場の後は裏の商店街のコースへ。路肩に観客もたくさんいたけど、さっきよりかはオッカケやすく、観やすくなった♪サスガに暑くって途中の生ビールを売ってる店を発見!すかさず「2つ下さい!」とsueさんと二人でゴクゴク・・・。「いいなぁ・・うまそう・・」と、まだまだ流し中の“配達人さん”にも、うらやましがられちゃったホド・・。お先にゴメンヨ~(^^;

f0056412_2375110.jpgこれだけの大規模連の“鳴り物リーダー”に抜擢されるのもスゴイけど、各リーダーとミーティングしたり、練習での試行錯誤を繰り返しながら、音や踊りをひとつのまとまりあるものにしていくのは、たぶん相当なコト・・。でもそれで、観ているコッチ側を酔わせてくれるんだもんなぁ。すごいの一言につきる・・。そして・・「なんだか悔しいなぁ・・」の次に来るのが、「負けないゾ~」ね(笑) sueさんとも一緒に夏のお祭りを楽しむコトができて良かった♪

ちなみに商店街→さじき席・・と抜けた後、大きな休憩所に抜けていって「お疲れサマ~」とドリンクを飲んでまったりしてたんで、「アレ?終了時間はまだだけど・・早めに終わる連もあるのかな?」・・としばし遠めに見ながら、「きっと終わり!」と帰ってきてしまったんだけど・・なんとあれかたまだひと盛り上がりしたんだってぇ(>。<)しっかり聞いとけば良かった・・。来年は地元の(?)sueさんが、さじき席の入場券をもらっとくよ~と言ってたので、さじきも含めて完全オッカケするゾ♪・・あと・・途中で帰らないコト・・・ね~っ(f^^; ←目標か?
[PR]
by nicchann | 2007-08-18 23:57 | 新粋連

涙の神楽坂・・

いよいよ沖縄が近づいてきたぁ!!(*^-^*)
えぇ~~とねぇ・・・えっ!?? もう3日後じゃんっ(>。<)
喜ぶよか前に・・終わらないっ 「やることリスト」のノルマがぁ・・

そんな中だけども・・・ね、思わず観に行っちゃいマシタ・・神楽坂阿波踊りっ(^^;
そうっ!!新粋連「夏の陣」の開幕みたいなモノだからねっ
こりゃぁ~駆けつけるっきゃないでしょう♪♪♪

・・・・がっ・・・・。この神楽坂に駆けつけるのに、文字通り“お荷物”を抱えるコトに・・。そうなんよ。SAC5周年記念公演のビデオ編集(ミニDVとVHS)を職場の機材を使って片付けるハズが、あろうことか故障!心おきなく“沖縄”に行くためにも、なんとかせにゃ~ってなワケで、探し当てました!機材レンタル屋!!
早速朝、電話をかけたら在庫はOKだったんだけど、電話での注文ができない。
「FAXとネット・・どちらで申し込みますか?」・・って言われたって、今出先なんですけど。しかも帰ってからの予約じゃ明日までにWデッキが届かないっ。・・つ~ワケで・・・店頭まで取りにいきましたともっ!!しかも入れ物はダンボール!!(ま、普通は車とかで取りにくるのでしょうね・・)時間もギリだったし、それを持って、神楽坂に向かったオバカな私でした・・・。

f0056412_0245643.jpgハイ・・デカかったっす。重かったっス。途中でヒモは切れるし・・。地下鉄飯田橋で降りたら、コインロッカーが小さいのばかり・・。JR飯田橋まで行ってみたけど、ココも小さい・・。そして教えてもらった建物まで行くと、大きなコインロッカーはうまっていた・・(泣)駅に人に預かってくれないか聞いてみたけど、ダメだったし・・。途方に暮れる私・・。いっそこのまま帰るか?・・えっ?ココまで来て?・・と言ってコレもちながら、新粋連の“おっかけ”は絶対無理・・。その時ひらめいたのが・・隣の市ヶ谷に住んでる友達の顔・・(キラキラ・・)。まったく迷惑かけ女の私は「置かせて~(泣)」と頼みこんで、タクシーで運んでいったのでありました・・。「終わったら取りにくるからっ・・・ゴメンね」と言って、よ~やく荷物から一時的に解放っ!でもスッキリっつ~より、すでに疲労感絶頂だったやね(--; よくあんなん持って歩きまわったモンだ・・。おかげでスッカリ時間は20時近く。気持ちは焦るし・・。

f0056412_0555296.jpgコレで新粋連に会えなかったら、すべてが徒労に終わるけど、そこはホラ・・鼻の効く私!神楽坂下のスタート地点にヤマをはってみたら、5分後に新粋連の姿がチラホラ!あの青のハッピと涼しげな白とブルーの着流しを見つけたときは、ホント嬉しかった・・(涙)
ちなみに、この「神楽坂下」出発は・・「坂下」と言われるだけあって、あとはひたすら登るのね。しかもかなり長く、かなり急な坂。ある意味メインで人も両サイドにたくさんいました♪(画像はちょっと寂しいけど、登ってる感じが少しは伝わるかな?)

f0056412_1104144.jpg新粋連は・・「新しく、そして粋な連を・・」ってコトで当時20歳だった連長と副連長を中心に発足した連なのね。お囃子のリズムにしろ、踊りやフォーメーションにしろ、「おっ?」と思わず惹きこまれるようなモノも色々♪でもね、斬新さとか、キパツなものを狙っていくとかじゃなくて「魅せ方を知ってる」ってゆ~か「阿波踊りでできる表現を追求してるって感じかな。f0056412_128064.jpg観ているお客さんにも楽しめるように。でも、ずっと続いてる阿波踊りの伝統ってゆ~か、粋な部分、シンプルだからこそ、すごく奥が深い部分も大切にしてる連なんだよね。(ははは、私がそこまで言えるほど、阿波踊りを知ってるワケじゃないんだけどね・・。躍動感があって、華があって、粋で・・いいんだよね♪

f0056412_1552287.jpg←今日のラストの道のスタート。
一緒に坂を登りおえて(?)、スタートを待つ間に、生ビールを売ってる店を探して歩きまわってたりもしましたが・・(^^; この頃にはもう例の“荷物”のコトも頭からスッカリ消え去ってたね。帰ってからビデオ編集をしなきゃならんコトとか、当初は少し観て帰るハズだったコトとかも、都合よく・・(笑)やっぱ、いいなぁ・・。そして、最近バタバタとしてたけど、「あぁ・・夏なんだなぁ・・」って思い出した今日の神楽坂♪こんな夏の楽しみ方がある。日本人に生まれて良かったぁ(*^-^*)

f0056412_152310.jpgf0056412_1581310.jpg








↓神社前を通る新粋連のお囃子♪
f0056412_21285.jpg

今年もまた“粋な踊りに華を”咲かせてくさだいね~♪
[PR]
by nicchann | 2007-07-27 23:29 | 新粋連